人気ブログランキング |

彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:シマエナガ ( 7 ) タグの人気記事


2019年 04月 09日

道東巡り_シマエナガ(2)

森にオオルリが入って来たようだ
まだベニが居てくれるし、北海道ものもまだ残っているし...

d0125872_00261534.jpg
d0125872_00264323.jpg
d0125872_00271495.jpg
d0125872_00411194.jpg
d0125872_00414137.jpg
d0125872_00420592.jpg


by ckonkn | 2019-04-09 07:00 | 野鳥 | Comments(0)
2019年 04月 08日

道東巡り_シマエナガ

今までほんの2,3シーンの出会いであったが今回は色々なシーンに出会えた
こんな可愛い姿は一日中撮っていても飽きないだろうな...
d0125872_01162908.jpg
d0125872_01163292.jpg
d0125872_01170204.jpg
d0125872_01171935.jpg
d0125872_01172504.jpg
d0125872_01183018.jpg
d0125872_01185985.jpg


by ckonkn | 2019-04-08 07:00 | 野鳥 | Comments(0)
2019年 03月 31日

道東巡り_霧氷のシマエナガ(2)

近くにダケカンバの大木やカエデの木が有るので樹液を舐めに来るのかカラ類に交じって
四、五羽のシマエナガが頻繁にやって来ていた
この森には近くに水場は無いようなので樹液や霧氷は水分補給に欠かせないものとなっているようだ
しかし霧氷は朝の陽射しで8時前にはすっかり解けてしまった
d0125872_09594841.jpg
d0125872_10015375.jpg
d0125872_10032821.jpg
d0125872_10034543.jpg
d0125872_10040728.jpg
d0125872_10040961.jpg
d0125872_10044137.jpg
d0125872_10050192.jpg
d0125872_10062217.jpg
d0125872_10062677.jpg


by ckonkn | 2019-03-31 12:00 | 野鳥 | Comments(2)
2019年 03月 30日

道東巡り_霧氷のシマエナガ

霧氷と樹氷の違いは何...
Wikipediaで調べて見たら頭が痛くなりそうな説明が
「霧氷は着氷現象の一種で、氷点下の環境で樹木に付着して発達する、白色や半透明で結晶構造が顕著な氷層の総称。
 過冷却にある霧(着氷性の霧)によるものと、空気中の水蒸気の昇華によるものがある。
 樹氷、粗氷、樹霜の3つに分類される。」

樹氷は、過冷却水滴からなる濃霧が地物に衝突して凍結付着した氷層のうち、白色で脆いものをいう。
 気温-5℃以下の環境で風の弱いときに顕著に発達し、気泡を多く含むために不透明で、白色を呈する。
 小さな粒状の氷が無数に凝集する構造
 粗氷は、過冷却水滴からなる濃霧が地物に衝突し、凍結付着した氷層のうち、半透明のものをいう。
 樹氷よりも硬いが、大抵は手で触ると崩れる程度である。樹氷に比べ氷の粒が大きく、粒同士が
 融合して大きな氷の塊を形成する場合もあるが、気泡を多く含むため透明にはならず半透明にとどまる。
 気温-4℃以下で風速が毎秒20メートル以上のときに生じる。
 樹霜は、空気中の水蒸気が昇華して樹枝などの地物に付着した樹枝状ないし針状の結晶である。
 霜と同じ原理であるが、層状に発達し、特に樹木などに付着したものをこう呼ぶ。」

結局のところ、霧が付こうが水蒸気が付こうが鳥撮りにはどっちでもいいこと
要は『霧氷の枝にシマエナガが止まった』ってこと

d0125872_10185620.jpg


d0125872_10185997.jpg
d0125872_10190550.jpg
d0125872_10183091.jpg
d0125872_10183320.jpg
d0125872_10151525.jpg
d0125872_10163762.jpg
d0125872_10164599.jpg
d0125872_10165740.jpg
d0125872_10180243.jpg


by ckonkn | 2019-03-30 12:00 | 野鳥 | Comments(2)
2018年 02月 19日

道端で

山間部を走っていたら道路脇に小鳥が一羽
Uターンしてゆっくり近づいたら何と天然もののミヤマホオジロが
d0125872_23343112.jpg
d0125872_23344587.jpg
d0125872_23352555.jpg
後続車が来たので枝に上がればと思ったらそのまま山奥へ
暫く車の中で待っていたら頭上でジョリジョリ、これまた思いがけないシマエナガが
こちらも紛れもない天然もの
d0125872_23400977.jpg

d0125872_23401748.jpg

d0125872_23403094.jpg

d0125872_23411173.jpg

d0125872_23415069.jpg




by ckonkn | 2018-02-19 23:43 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 07月 07日

北海道の夏 ′17_シマエナガ

毎年苫小牧着の翌早朝ベニに会いに湖畔の森へ行っているが、今回はラッキーにもシマエナガに出会えた
花が散って額だけとなったエゾノコリンゴの枝に三羽が
d0125872_23371867.jpg
d0125872_23370044.jpg
d0125872_23364041.jpg
d0125872_23362301.jpg
d0125872_23344086.jpg
d0125872_23354457.jpg
d0125872_23341317.jpg
d0125872_23342595.jpg
d0125872_23335258.jpg


by ckonkn | 2017-07-07 23:47 | 野鳥 | Comments(0)
2013年 03月 28日

頭の上でジュルジュル

きっと「オジさん何撮ってるの」とでも言っていたのでしょうか
 やっと出会えました
d0125872_18543184.jpg
d0125872_1912069.jpg
d0125872_1921578.jpg
d0125872_1924886.jpg
d0125872_19115895.jpg
d0125872_19121275.jpg


by ckonkn | 2013-03-28 06:00 | 野鳥 | Comments(6)