人気ブログランキング |

彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 23日

ハナミズキとアケビ

ハナミズキが咲き誇るといよいよ夏鳥の季節
  しかし、一向に出会えない。
d0125872_21422977.jpg

公園のF橋の袂に可憐に咲いていたアケビの花
  春に勢いよくつるを伸ばし、花を咲かせる
  秋には熟すと甘い実をつける。
  この頃にはあちこちから冬鳥の便りが届くころとなる。
d0125872_21432072.jpg

F橋の下のタンポポ
d0125872_2231341.jpg


by ckonkn | 2008-04-23 22:08 | 季節の草花 | Comments(10)
Commented by tanuki_oyaji at 2008-04-23 23:08
こんばんは~~♪
夏鳥町とはいえ綺麗な花がいっぱいですね。
この時期のハナミズキの美しさは感動ものです。
先日のI公園のをTBさせていただきました。
Commented by auroreus at 2008-04-23 23:11
彩の夢見人さん こんばんは
やっぱりアップしたんですね~、
鳥に飽き足らず花までレパートリーに加えてこれで虫が来ればいよいよオールマイティー?・・・。
気温が上がってきました、いよいよ夏鳥の渡りが佳境にはいります、
青い子黄色い子が撮れるといいですね。
小鳥遊さんとの掛け合いも楽しませてもらってますよ・・・。
Commented by 小鳥遊 at 2008-04-24 08:56 x
タイトルにアセビとあったので思わず汗をかきました。
綠バックのハナミズキは圧巻の美しさですね~~

余計なことですがこの時期のここの花では
このほかにウワミズザクラ,シロバナタンポポ,カントウタンポポ,
クサボケ,ジジババ(シュンラン)などもお薦めです。
これはボケジジイの戯言であります。

巨匠の心を大便 ちゃう 代弁して
バッキー馬方さんも言ってますね。
冬鳥で賑わった頃を

  「あの頃は 楽しかったね」と

お目当てが居ないときの忠告としてこんなことも言ってますよ

  「遅くならないうちに
   今日はこのまま帰ろうね…」

辛抱が肝心のシーズンですね~~
Commented by ckonkn at 2008-04-24 11:02
tanuki_oyajiさん こんにちは
ハナミズキを地域の花木としているところが多いですよね。
夢見人が社会人となり気づいたら36年、その間「港区の花木」であるハナミズキの下を歩いたことになります。
桜よりも親しみがある花です。
果たして来年は歩けるかどうか!?。
Commented by ckonkn at 2008-04-24 11:10
クロジーさん こんにちは
やはりこの花は、これからの一年間お世話になる公園の象徴、“F橋”に咲いた花ですから
秋に実を付け、冬鳥に種を運ばれ来春公園のどこかで新しい芽を出すまで見守ってあげたいですね。
最近門番のお役目サボっていますから。
虫ですか、これはちょっとね。でも意外と面白いかも知れませんね。
彼らもこの公園の一員でから、ムシされたら可哀想ですね。
40Dにマクロを着けて歩き回りますか。
その間、大砲はM池に置いておきますので、カワちゃんでたら宜しくシャッター押しておいてください。
これからは某名人みたいにN、C社共に使いこなすことが流行るみたいですから。
Commented by ckonkn at 2008-04-24 11:13
小鳥遊 さん こんにちは
暖かなご指摘ありがとうございます。
朝からオオアケビをして眠気まなこでブログを開いて、びっくり!
馬を酔わせるようなミスをしてはいけませんですね。
冷やアセですっかり目が覚めました。
>ウワミズザクラ,シロバナタンポポ,カントウタンポポ,クサボケ,ジジババ(シュンラン)
公園の自然は奥深いですね。
カメラを始めた頃、「野に咲く薬草」を撮ろうかなと思ったことがあるのですが、
根がグウタラなものですから、安易なものばかり求めています。
初期の歌でこんなのも
 ♪道に迷った旅人が 青い駒鳥に道を聞いたとさ
  仕合せに行く道を たずねたとさ 首をふりふりこたえました
  本当の仕合せもとめて行くなら あなたの心の中を探しなさい
  青い駒鳥ははばたきながら カラカラ笑って飛んで行きました
   ~~♪
Commented by 越谷住人 at 2008-04-24 12:38 x
彩の夢見人さん、こんにちは
さすが、元花職人ですね
本格的に花を撮らせたら、私なんか太刀打ち出来そうにもありませんね
私が同じ写真をアップしてたら、全て花を撮ってみましたで簡単に片づけちゃいそうです
名前まで分かるなんて素晴らしいですね、私には一生無理そうです
Commented by 小鳥遊 at 2008-04-24 13:38 x
まいりました ぺこり
コマドリは撮ったこともない,見たこともない,歌ったこともない,聞いたこともない トホホホ
さすが巨匠 「素晴らしき男性」です。
「憎いあんちきしょう」なら見たことがあるけれど・・・ ブツブツブツ
Commented by ckonkn at 2008-04-24 16:26
越谷住人さん こんにちは
“花職人” なんてとんでもありません。 
ハナはハナでも“鼻水たらたら、冷や汗たらたらのオヤジ”ですから、どうにもなりません。
苦しまぎれにその辺に咲いている誰も相手にしない花でも撮って、お茶を濁してるだけですよ。
某名人の爪の垢では、腹を下しそうなのでサンヨンを狙って腕を上げようと秘かに狙っているのですが物事うまくいきませんね。
Commented by ckonkn at 2008-04-24 16:43
小鳥遊さん 再度こんにちは
小松村の若親分が最近しきりに、コマちゃんに入れ込んでいるので
気になっていたら見つけた歌なんですよ。
昭和33年の歌ですから、生まれてもないので(?)もちろん知りません。
流石大御所様ですね。
「素晴しい男性」がらみとついてくるなんざあ、古い、
(いや、手がすべりました)通ですね。

“冗談じゃないよ”“馬鹿云うなよ”・・・・・・
   ♪青い駒鳥が言ったとさ 明るく陽気で 心健やか
何処にもいるよ 素晴しい男性~♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< シメとコガモ      花、無常 >>