彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 31日

北海道の夏 ′18_ギンザンマシコ ⑦

田圃も渡りのシギチで少し賑わって、森にもツツドリが
北海道に行ってた時に発症した脊椎管狭窄症も二ヶ月経っても一向に良くならず
その間まったく鳥撮りをしなかったので今朝久し振りにリハビリを兼ねて田圃へ行って見た
草の陰にやっとツバメチドリを見つけたのだが、もっと良い所に...と思いながら小一時間
結局飛ばれて戻っても来ず、一枚も撮れずに帰宅する羽目に...
秋本番となるまでまたリハビリに専念しろってことかな...
d0125872_22542490.jpg
d0125872_22542940.jpg
d0125872_22550952.jpg
d0125872_22553115.jpg
d0125872_22554556.jpg
d0125872_22555664.jpg
d0125872_22560026.jpg


by ckonkn | 2018-08-31 23:21 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2018-09-02 19:23 x
夢見人さん こんばんは 🐻
「ギンザンマシコ」とは、どの様に贔屓目に見ても、可愛くありませんが、良く好く見ると
確かに、稀に見る貴重なお顔をしている、まるで「シーラカンス」の親戚の様な感じですね。
これを撮ることが出来たのは、貴重な資料と思わなければ、いけませんかね。
「脊椎管狭窄症」お大事に、メールも見てください。
Commented by ckonkn at 2018-09-04 01:02
noriさん こんばんは
いくらなんでも『稀に見る貴重なお顔』なんてとても失礼ですよ。
せめて「風格溢れるお顔」とか「威厳のあるお顔」くらいにとどめて欲しいです。
峠では「銀座のマシコさん」と言う愛称が有るんですよ(笑)。
と言うのも観光バスが着くたびに『何が見えるんですか』、『何を撮ってるんですか』と聞かれるので
何時しかカメラマンがそう答えたのが始まりだったようですが。
「脊椎管狭窄症」は加齢によるもので焼かれるまで治らないようです(涙)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北海道の夏 ′18_ノビタキ ②      北海道の夏 ′18_ギンザンマ... >>