人気ブログランキング |

彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 22日

滝登り

“高原”の北西部を流れる川、決して清流とは言い難いが、小魚が豊富なようで毎日釣り人が入ってます。
この川に流れ落ちる落差数mの滝(まだ誰も名付けてはいないようですが)で小魚達(ボラかな?)が
滝に向かってジャンプを繰り返します。
d0125872_029442.jpg
d0125872_0295639.jpg
d0125872_0225038.jpg

d0125872_023248.jpg

d0125872_0233468.jpg

d0125872_0234818.jpg

d0125872_024524.jpg

d0125872_0253332.jpg

d0125872_026479.jpg

d0125872_0261665.jpg

 1時間近くも遊んでしまいました

by ckonkn | 2013-10-22 23:51 | 景観 | Comments(6)
Commented by tanuki_oyaji at 2013-10-23 21:30
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
あらまぁ、とうとう魚まで撮るようになっちゃいましたか。
高原の傍で滝登りが見られるなんて珍しいものを見つけたものです。
どれもみな素晴らしい瞬間を撮られています。
そういえば北の大地でもサクラマスの遡上の見られるところがあるようですよ。
あっ、そうそう、この際渓流釣りなんかも良いかもしれません。
コルリやコマドリが撮れるポイントが見つかったら是非私も連れてってくださいね。
Commented by CHITOSE.NORI at 2013-10-23 22:55 x
夢見人さん こんばんは
本日は、また、面白いものを見せてくれますねェー
必死になって滝を登る姿が、素晴らしいではありませんか。 スゴイ!
一匹でも、この滝を登りきった魚君はおりましたでしょうか?
私は釣りをしないので判りませんが、あの、出世魚の「ボラ」でしょう
か? 「ボラ」は海の魚かと思いましたら、小さい内は淡水に生息する
のかァー・・・。滝の流れ落ちる音と、その滝を必死で登ろうとする魚達を
見つめてカメラを構えていると、時間の経つのも忘れてしまいそうです
が、きっと、楽しかったでしょうねェー
こちらは、白鳥の大群が押し寄せて、我が愛機と空中接触が起きそうに
なります。相手は、デカすぎて負けそうォー
Commented by akaiga-bera at 2013-10-24 06:17
おはようございます。
ここはどこかしらと。
小さな虫・鳥・・・みな必死で生きているのは日々感じていますが・・・魚にまでは目が行きませんでした。
いいですね。
健気さに打たれますね、魚たちにとってこの高さはかなりのものでしょ。
泡がとてもきれい。
Commented by ckonkn at 2013-10-24 17:38
tanuki_oyajiさん こんばんは
泳いでいる魚は撮りませんが一応飛んでましたので...
この高原には無数の小さな湖や湿原まで有り、プチ遠征するには最適です。
実はこの近くにもサクラマスの遡上場所が有るので北の地まで行かなくても撮れるんですよ。
その代わり真夏の灼熱の太陽を遮るもの無し、熱中症を覚悟する必要が有りますが(笑)。
この高原には笹薮は無かったような気がしますよ、今から植えても来年には間に合わないでしょうね。
Commented by ckonkn at 2013-10-24 17:43
NORIさん こんばんは
健気にも何度も何度も壁から落ちる流れに向かって挑んでいました。
4,50センチ跳ねるのがやっとですから登りきった魚君はいないでしょうねぇ~。
こちらも飽きもせず小一時間も挑んでましたが(笑)。
近くの川は40km弱ですから夏場にボラやスズキの成魚も上がって来るので、
ルアー釣りで上げた魚をその場で捌いて刺身にしている釣り人もいます。
白鳥の大群を避けながら飛ばすのもスリルが有って面白そうですね。
無事に着陸させたらブルーのパイロット以上の腕前だと思いますよ。
相手があれだけの大きければエンジンに吸い込むことも無いでしょうから(笑)。
Commented by ckonkn at 2013-10-24 17:49
赤いガーベラさん こんばんは
今日夕化粧さんが電話をしても出なかったのでてっきり滝に行かれたのかと思ってましたよ(笑)。
魚達の健気さが乗り移って三桁後半の枚数を、でもどうにか見られるのはこの程度でした。
シャッターの摩耗を大分早めてしまいましたが、これだけ残せたので越せない壁ではなかったです(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ヨタカ      秋の深まりとともに(2) >>