彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 23日

カラマツに乗ったノビタキ

このカラマツを気に入ってるようです
何回も止まってくれました
d0125872_2202012.jpg
d0125872_2212711.jpg

♀も気に入ってるようです
d0125872_2223328.jpg
d0125872_223680.jpg

飛び出しも何とか撮れました
d0125872_2243912.jpg
d0125872_2245060.jpg


by ckonkn | 2009-06-23 22:06 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by auroreus at 2009-06-23 23:04
彩の夢見人さん こんばんは
ここのノビは本当にこのカラマツがお気に入りのようですね~、
この辺は猛禽の居るみたいだしこんな剥きだしの高い場所は危険だと思うのですが。
ま~カメラマンにとっては願ったり適ったりでしょうけど、
ちゃっかり飛びモノまでゲットして~う~ん羨ましい。
Commented by keityu at 2009-06-24 05:16 x
彩の夢見人さん、おはようございます
此処のカラマツは良いところに立ってますね~
流石何度も下見をしただけのことはありますね。
私なんか現場を知らないんで、右往左往していただけだったのに(涙)
Commented by 越谷住人 at 2009-06-24 06:17 x
彩の夢見人さん、おはようございます
私も同じようなのを撮っていたつもりだったんですが、これを見せられて私のは駄作だと気づかされました
今や夢見人さんの地元とでも言える場所で、私のような素人が太刀打ちしようなんて考えがあさはかだった事が分かりました
今後は師の影を踏まぬよう、お邪魔にならない程度に撮影させて頂く事にします(反省)
Commented by ckonkn at 2009-06-24 20:38
クロジーさん こんばんは
このカラマツは以外と低く目線下なので、止ってくれれば仰る通り"願ったり適ったり"
ところがタッチ & ゴーが多いものですから泣かされっぱなしでした。
飛んでいるような姿は"ちゃっかり"撮ったのではなく"うっかり撮ってしまった"が真相なのです。
不注意もたまには良いことが有るものですね(冷汗)。
Commented by ckonkn at 2009-06-24 20:41
keityuさん こんばんは
このカラマツの前に某名人が立ってから途端にノビが止るようになったのですが、
下見では一度も止ってくれませんでしたよ。
"現場を知らない"ですって、そう言えばここの木道では椅子を落としただけで
まだ足を踏み外したことは無かったですね。
現場を知るには一回湿原の臭いを嗅いでみるのも良いかもしれませんよ。
Commented by ckonkn at 2009-06-24 20:45
越谷住人さん こんばんは
う~ん!、今日のボヤキは名文ですね、今度使わせて頂きます。
何時も名人の後ろの席で身を縮めているばかりですから、
名人を越えるようなものが撮れるはずが、
それにこの場所は名人の広大な庭園の片隅ですからね、
夢見人は迷い込んだ子猫、いや老猫ですよ。
何時腹の皮を剥がれるか心配で心配で、オチオチ居眠りもできませんよ(笑)。
きっと名人のバチ捌きにあったら味のある音色を出せるとは思うのですが...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 枯れ葦のノビタキ      白樺止まりのノビタキ >>