2009年 05月 24日

サンコウチョウ(その2)

昨日の分とは多少向きが違っているのがありました
d0125872_0512728.jpg

d0125872_0531069.jpg

d0125872_052862.jpg
d0125872_054204.jpg

後は訳あり物が少々です

by ckonkn | 2009-05-24 23:52 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by keityu at 2009-05-25 07:39 x
彩の夢見人さん、おはようございます
んっ、その2ですか? って事はその30迄有るって事ですかあ(笑)
それにしてもあの暗い林の中でよくぞこれだけの物を撮れて、羨ましい限りです。
まあ、これで昨日の泣き言は三味線だ、ってばれましたけどね(笑)
Commented by 越谷住人 at 2009-05-25 07:57 x
彩の夢見人さん、おはようございます
マイスターの意見に激しく同意します
初めての長い尻尾との遭遇なのに臆することなく、これだけ成果を残すなんて只者じゃないですね
これで巨匠とマイスターのいる市には猫がいなくなったって事ですね
間違っても我が市の猫を狙うのは止めてくださいね(笑)
Commented by SAMARAw at 2009-05-25 08:07 x
彩の夢見人さん、おはようございます。
これはすばらしいですね、
おそらく、サンデーカメラマン(?)が撮ったサンコウチョウの中では最高でしょう、このようなすっきりした写真は見た記憶がありません。
私も、土曜日に毎年チェックしている場所に行ったのですが、声からすると
数個体は居るようでしたが証拠写真さえ撮らせてもらえませんでした。
何か様子が違う、そんな感じでした。
それでは、また。
Commented by auroreus at 2009-05-25 08:52
彩の夢見人さん おはようございます
ええっ!ホイホイホイの連貼りですか~、良いのをしこたま溜め込んだようですね(笑)。
やっぱり上から降りてきた時に頬が緩んでたのはクロジーの見間違いではなかったですね、
道理で橋の上では余裕の顔してましたもんね。
訳有りモノは別のにしてもまだまだ見せてもらえそうです…。
Commented by ckonkn at 2009-05-25 21:50
Keityuさん こんばんは
“その30”ですか?、それは無理をすれば何とかなりますよ。
でもそれをやったら冷たい視線が飛んで来るでしょうね。
マイスターも何時も浴びてるアレですよ(大笑)。
いやだなあ、夢見人だけは何が有っても信じて欲しいですね。
右手左手をバラバラに動かす三味線なんて弾けませんて!
ここだけの話、弾き語りが出来るのは名人だけだと思いますよ。
Commented by ckonkn at 2009-05-25 21:54
越谷住人さん こんばんは
金曜日になれば夢見人が“只物”だと判りますよ。
それと同時に名人が“弾き語りの世界”でも不出世の名人であるかも判ると思いますけど!
それにしてもあの子猫達は名人に懐いていましたね。
きっと自分達はまだ小さいから安全だと思ったのでしょうね(大笑)
だけどあんな所に捨てるなんて許せませんね、ペットを飼う資格は無いですね。
三匹とも引き取って行った人がいて安心しましたけど。
Commented by ckonkn at 2009-05-25 21:57
SAMARAwさん こんばんは
いや~、あまり持ち上げないでくださいよ、きっと金曜日頃には間違ったと思いますよ、
何しろ他の3人は凄いのを撮ってますからね。
近場で秘密のフィールドが有るなんて羨ましいですね。
きっとサンちゃんもSAMARAwさんに魂まで写し取られてしまうと思って出て来ないのかもしれませんよ。
リベンジしたいですけど遠いですね、秋にAに入るのを気長に待つしかありません。
Commented by ckonkn at 2009-05-25 22:02
クロジーさん こんばんは
なんと言われてもこれ以上は有りませんよ、お願い信じて!
決して支配人が傑作を撮っているなんて誰にも言いませんし、
口止めされているなんてことも内緒にしておきますから(笑)。
橋の上で余裕のように見えたのは夢見人には手に負えないと思った
開き直りの顔だったのですよ。
それにしても橋の上であんな傑作を撮ってしまうなんて流石ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 避暑地のキビタキの在庫より      サンコウチョウ >>