彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 05日

2月のベニマシコ(その3)

篭を振ったらこんなベニ君が飛び出してきました。
またしても長男ベニ君の登場です。
d0125872_20414091.jpg
d0125872_2042379.jpg
d0125872_20421453.jpg
d0125872_20422856.jpg

お父さんベニ君
d0125872_2044406.jpg
d0125872_20444939.jpg
d0125872_20494886.jpg
d0125872_20495917.jpg

何度撮っても飽きません。

by ckonkn | 2008-02-05 20:53 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by 越谷住人 at 2008-02-05 21:28 x
彩の夢見人さん、こんばんは
流石、紅の帝王と任命されただけの事はありますね
底なしの樽から凄い作品が出るわ出るわで、見てる方もビックリです
まっ、まさか、彩の夢見人さんの樽って撮影現場に繋がってるんじゃないでしょうね
週末、天気が悪そうです 私の方は干上がる寸前です
無尽蔵の樽をお持ちの彩の夢見人さんが羨ましいです
Commented by 鉄っちゃん@よっぱらい at 2008-02-05 21:41 x
 こんばんわ。
本日は食事会で酔っ払いです。ベニマイスターでごじざいますね。
オイラはルリマイスターと言われるよう精進いたします。

これでもかぁのベニですね。染まり行く様を撮り続けてください。
Commented by tanuki_oyaji at 2008-02-05 22:13
こんばんは~~♪
振れば振るほどいいのが出てくるような篭ですね。
どこでもドア-があれば仕事中でも公園にいけるのですが・・・
Commented by トーバン at 2008-02-05 23:01 x
今晩は。
振っても振っても尽きなく出てくるなんて、打ち出の小槌か?(^^♪
Commented by ckonkn at 2008-02-06 09:39
越谷住人さん おはようございます
しょうがない種明かしをしましょう。
樽の中に篭を入れるという特殊入れ物を開発しましたので、1カットのベニと、風景写真をいれておくとベニが風景写真を渡り歩くと言う優れた方式になっています。
発想は良かったのですが、出来不出来がベニの気分次第というのが難点なのですが。
>週末、天気が悪そうです...
”傘と新型小銃” という素晴らしいシステムがあるじゃないですか。
C社328はそろそろカビが生えるといけませんので夢見人の倉庫でお預かりしましょう。
雨か雪の日に使ってしっかり手入れしておきますよ!。
  
Commented by ckonkn at 2008-02-06 12:37
鉄っちゃん こんにちは
“試験勉強” ご苦労さまです。 
あちこちのサイトが気になってしょうがないでしょうが、今度の3連休は鉄っちゃんの分まで小鳥さん達と遊んでおきますので、しっかり勉強に励んでください。 
勉強にあきたら、参考書でもマクロ撮影して試験当日に頭に指して会場入りするなんてのはどうでしょうね。一石二鳥ですよ。
Commented by ckonkn at 2008-02-06 12:41
tanuki_oyajiさん こんにちは
何処かの御仁みたいに3台体制でしかも雪の中、雨の中でも完璧に撮れる腕があれば良いのですが、所詮駆け出し、あと3日もつかどうか。
>仕事中でも公園にいけるのですが・
なんと甘美な言葉。でもまた仕事場に戻るというのが難点ですね。それに大砲はカバンに入り切らない、公園を仕事場にできれば全て解決ですね。
Commented by ckonkn at 2008-02-06 12:43
トーバンさん こんにちは
“打ち出の小槌” を使えるようになるのはまだまだ先のこと、
「小槌」ならぬ“小出し” の術を使っているだけです。
網目の粗い鳥篭しかまだ持ってませんから、気の毒がって網目に張り付いてくれているから助かっているだけです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2月のベニマシコ(その4)      2月のベニマシコ(その2) >>