彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 06日

コアジサシの季節_Ⅲ

最近晴天で湿度の低い日が続いているが風もそこそこ吹いている
緑を映し込んだ凪いだ水面にはならないと思いしばらく行っていないが...
d0125872_00025788.jpg
d0125872_00030048.jpg
d0125872_00030218.jpg
d0125872_00032361.jpg
d0125872_00040956.jpg
d0125872_00041333.jpg
d0125872_00044732.jpg
d0125872_00044941.jpg
d0125872_00051499.jpg
d0125872_00052035.jpg
d0125872_00052817.jpg
d0125872_00054701.jpg
d0125872_00061464.jpg
d0125872_00062016.jpg
d0125872_00062390.jpg


by ckonkn | 2017-06-06 23:56 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2017-06-07 23:33 x
夢見人さん こんばんは 🐻
この「アジサシ」は、低空から水面に飛び込むことも出来るし、水面をなめる様に低空で飛び
ながら小魚を捕ることが出来るのだから、凄い芸当の離れ技をしますね。やはり、嘴が細長い
からでしょかネェー。飛翔姿が綺麗だワァー。私は、短い羽でぶんぶん飛ぶ鳥よりも、細長くて、
スマートに飛ぶ鳥が堪らなく好きですね。「アジサシ」を真似て、小粒で翼の長い機体を制作中
です。幕張メッセのゼロ戦二二型が飛ぶところが見たいですね。エンジンは栄ではないが、空冷
のエンジン音にシビレて漏らしそうになると思います。あれは戦争の武器ではなく、歴史の中の
日本が誇る繊細な芸術品だと思います。どうして私の作った物は、アジサシの様に水面をなめる
様に飛ぶことは出来ますが、水面から飛び上がることが出来ないのでしょうか。
Commented by ckonkn at 2017-06-08 21:02
noriさん こんばんは
彼等は日にどのくらいの時間を飛び回っているか、そんなことを考えながら
青空の中や並木の緑を映した水面を飛んでいる姿を見てるとに一瞬暑さを忘れてしまいます。
『小粒で翼の長い機体』でコアジサシを真似て水面から飛び上がろうとの狙いですか?
ところでRC一機での最高離着陸回数てどのくらいなのでしょうね?
もちろんnoriさんが記録保持者ではないことは承知してますよ(爆)。
『レッドブルエアレース』の観戦料は高いですね、来年コッソリと撮ってみようかな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< セイタカシギ_Ⅲ      ヨシゴイ_Ⅲ >>