彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 11日

ツバメチドリ

昨日昼過ぎに久しぶりに田圃に行ってみた
N先輩にお会いするとツバメチドリが居ると教えて頂いたのでご一緒させて頂いた
雨上がりの曇天、しかもまだ水を張ってない田圃の中いたので土に同化してしまっている
で今朝撮り直しに
d0125872_23363789.jpg
d0125872_23365457.jpg
d0125872_23372734.jpg
d0125872_23380039.jpg
d0125872_23384832.jpg
d0125872_23391774.jpg
d0125872_23395065.jpg


by ckonkn | 2017-05-11 23:49 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2017-05-12 21:24 x
夢見人さん こんばんは 🐻
この「ツバメチドリ」というのも、わりと珍しい小鳥なのでしょうか?
名前からして、ツバメの様に速く飛ぶチドリということですね。羽もバッチリ後退角
だったりしてね。なんといっても、目から目に繋がっている黒い模様の線が面白いです。
人間にも、眼鏡が鎖で繋がっているマダムがいますが、それを連想してしまいました。
当地もいよいよ桜が散ってしまい、街路樹の桜並木ロードが花びらでピンク色に染まって
綺麗でしたよ。ここで、一首詠わねばなるまいね。(静かにして、いま、考えるから)

「散るさくら色を湛えて潔し東風にゆだねて悠々と舞い」コンナもんで、ご勘弁を・・・・!
「ちるさくらいろをたたえていさぎよしこちにゆだねてゆうゆうとまい」

梅がそろそろ咲き出しましたね。実が生ると近所に配ります。

Commented by ckonkn at 2017-05-14 01:30
noriさん こんばんは
この鳥は夏季は中国東部やロシア南東部、ヒマラヤ山脈などで繁殖し、冬季になると
東南アジアやオーストラリア北部へ南下し越冬、日本には渡りの途中でまれに飛来とのことですが、
当地には先月に続き今季2度目、9年振りとか。
『眼鏡が鎖で繋がっているマダム』とは面白い!! この眼先から胸部にかけて淡黄色を縁取る
黒い筋模様と嘴の基部の赤が夏羽の特徴のようです。
『桜並木ロードが花びらでピンク色に染まって』が目に浮かぶますねぇ~!! 
川でも流れていたら「花筏」でしょうね。
私は今年もベニ、ツミ詣でに行く途中で桜並木を見ただけ、無粋ですねぇ~。
当地はバラの季節に入りました。今週末は「バラ祭り」が行われるようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ツバメチドリⅡ      ツミの季節(21) >>