2017年 03月 09日

コオリガモ

この港に以前行ったのは2013年、5年振りだった
大型船が入って来ると大きな波が作られそこをカモ達が泳ぐ、そんな構図を想い浮かべ立ち寄ってみた
時間が昼時だったため船の動きがまったく無く、残念。
子犬の縫いぐるみのようなコオリガモの♂
d0125872_22531271.jpg
d0125872_22532885.jpg
d0125872_22535160.jpg
d0125872_22542535.jpg


d0125872_22553596.jpg
d0125872_22555964.jpg

♂の幼鳥か?
d0125872_22563925.jpg
d0125872_22564701.jpg
d0125872_22570630.jpg
d0125872_22570794.jpg


by ckonkn | 2017-03-09 23:32 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2017-03-10 22:51 x
夢見人さん こんばんは 🐻
「コオリガモ」とは、また変わった名前ですが、相当寒い所から飛来して来ているようですね。
網走か紋別あたりで撮ったと思われますが、耳かけをしているのが寒冷地仕様のカモと分かり
ます。もしも、来年この「コオリガモ」にまた出遇えたら、是非お願いしたいことが有ります。
あの温かそうな羽毛の耳かけを、譲って頂けないかと交渉してみて下さい。現在私は、百均仕様
しか使っていないので、温かさはそれなりなので、たまには高級で我が耳を保護したく思います。
それと、人に自慢などしてみたくて、「これ、コオリガモの羽毛!」、堪らんですワァー!
いささか、稚拙では有りますが、よろしくお願いします。
Commented by ckonkn at 2017-03-14 00:56
noriさん こんばんは
冬にはオホーツク側には行かず根室までで我慢しています。
海ガモ達は流氷を逃れて太平洋側の港に入って来てますので。
羽毛の耳かけを譲れとな、あの部分が茶色になっているだけで耳当てになっているわけではないので
きっと「墨で黒く塗っておけば光を吸収して温かいよ」って言われるでしょうねぇ~。
百均の耳当てではそれなりでしょうね。せめてコンビニの千円位にしないと。
私のネックウォーマーと毛糸の帽子は全て北海道のコンビニで買ったものです(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 春ベニと言えるかな...      ハマヒバリ >>