2016年 10月 25日

秋景色のノビタキ(14)

セイタカ止まりを
d0125872_234111100.jpg

d0125872_23362864.jpg

d0125872_23384213.jpg

d0125872_2339204.jpg

d0125872_23394191.jpg

d0125872_23404258.jpg

d0125872_23365021.jpg

d0125872_23374836.jpg


by ckonkn | 2016-10-25 23:46 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2016-10-26 22:28 x
夢見人さん こんばんは  🐻
「最近思うように撮れなくてグッタリ」、なるほど、オリンピック選手がメダルを取っても
納得せずもっと上を目指そうとする心理と同じか。こんなにも綺麗な絵でも、満足できないか。
1枚目など、セイタカアワダチソウの色合いが、綺麗な黄金色に輝いて美しく仕上がっている
のはお見事です。2枚目の、トンボを銜えたノビタが秋を美しく伝えてくれています。
8枚目は、ボカしたススキの穂が白い波のようでもあり、落ち着きのない秋雲のようにもみえ、
その中をノビタキが黄金のセイタカ船を操る船長のように見えて来ました。綺麗な絵です。
最近は、幻覚を観るようになってきましたので、何を観ても、美しい世界が眺められます。
いやいや、「応急修理」というのは、「touck and go」を4回程繰り返していたら、最後に
立木に左翼を引っ掛けて、墜落させてしまいました。思ったほどの重傷はまぬがれましたが、
垂直尾翼が、「ボッキリ」で有りました。私の美しく鳴く姿を想像あれ。
Commented by ckonkn at 2016-10-28 00:20
noriさん こんばんは
3枚目以外は背面に森を入れているのですが日差しが有る日の2時過ぎには森が陰になり
1枚目のように黒く沈みます。ノビのお情けにすがった絵で2度とは撮れてません。
淡い黄色のセイタカとススキを一度に入れられる場所へは滅多に行かなかったので
ラッキーな一日でした。
欲張り過ぎましたね。4回目で止めとけば『美しい笑い』で居られたのに...
でも着陸させたらさせたでオーバーランの可能性も有りかな(笑)。
毎回順調な飛行ばかりでは飽きが来るから、修理するのもまた楽し
程々に落としてくださいね、年に一度くらいで良いのでは。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 湿原の秋(5)      秋景色のノビタキ(13) >>