2016年 10月 23日

秋景色のノビタキ(12)

ススキの穂が白くボケて入り幻想的に
d0125872_2222510.jpg

d0125872_22223430.jpg

d0125872_22225852.jpg

d0125872_22255595.jpg

d0125872_22265058.jpg
d0125872_22381429.jpg


by ckonkn | 2016-10-23 22:43 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2016-10-24 20:18 x
夢見人さん こんばんは 🐻
「ミサゴ」オスプレイの飛翔姿も凛々しくて素晴らしいものがありましたね。
コメントを入れたかったのですが、愛機の応急修理の為に時間が無くなってしまいました。
本日の「ノビタキ」、ススキの穂の白ボケ、たしかに幻想的な仕上がりが美し過ぎます。
この、秋の夜長の風呂上がりに、熱い珈琲を片手にこんなにも幻想的絵を観られるなんて、何と
幸福なことでしょう。おつまみの「源氏バイ」の事更に旨いこと、糖尿と虫歯になりそうです。
どれもこれも、言うことがないくらい素晴らしい作品ではありますが、私としては、3枚目が
「ノビタキ」の陽の当たり具合が美しく感じたのと、黄色のボケが如何にも月をボカした様に
見えたところが秋を感じました。そして、4枚目は、ススキのボカしが海辺の白い波しぶきの
様にも観えたのが綺麗でしたよ。
Commented by ckonkn at 2016-10-26 00:52
noriさん こんばんは
レス遅くなりごめんなさい。最近思うように撮れなくグッタリです。
「応急修理」ってもしかしてまた強行着陸ですか?
ひと月前にノビを撮ってた田圃で見てしまいましたよ。
実に見事な頭からの急降下、どこまで我慢するのかと見ていたのですが
我慢し過ぎましたね、気の毒に雨上がりの稲田(刈り取り後ですが)に顔面突入。
こんな時の為にゴム長を用意して有ったようで機体回収後のゴム長は泥だらけ
手には二つに分かれた機体と片翼を持ってました。
アッ本題、本題。ススキの穂止まりを待っていたのですが止まってくれないので
遠方のススキ群落が背景に入るように三脚を上げたり下げたり良い運動になりました(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 秋景色のノビタキ(13)      A田圃の上空は賑やか(3) >>