2016年 09月 25日

カワセミ

彼岸花の咲く里山の小さな池にカワセミが
 何年振りかなぁ~
d0125872_2384450.jpg

d0125872_239360.jpg

d0125872_23989.jpg

d0125872_2393264.jpg

d0125872_2394971.jpg

d0125872_2310886.jpg

d0125872_23122171.jpg

d0125872_23123633.jpg

d0125872_23104529.jpg


by ckonkn | 2016-09-25 23:18 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by dokuritsusite at 2016-09-26 17:43
ブログ拝見させて頂きました。
きれいな写真に感動しました。
また来ます。
ありがとうございました。
Commented by chitose.nori at 2016-09-26 21:47 x
夢見人さん こんばんは 🐻
なにこれ・・・・、7・8・9枚目をじっと見入ってしまいましたよ。(凄く綺麗)
綺麗で美しい、どこから見ても申し分ない面向不背とでもいったら良い絵で有りますね。
8枚目の、彼岸花が水面に反射して赤色のボンボリの様に丸くなっておりますが、これは、
湖面の水面がじっと動かない、凪であることを証明しておりますね。次の、9枚目では、
その凪であったはずの赤色のボンボリが、水面が何かで微動して波打ち、赤色のボンボリが
散らばって、光彩陸離の如くになっているのが実に美しい様相となっております。
「カワセミ」も当然素晴らしいのですが、それを引き立てる背景が申し分有りません。
私は、「カワセミ」の大ファンの一人であることを、忘れないで下さい。
Commented by ckonkn at 2016-09-27 00:38
dokuritsusiteさん こんばんは
ご訪問を頂き有り難うございます。
「きれいな写真」が撮れればこんな幸せなことは無いのですが
カメラのモニター見てニッコリ、PCの画面を見てガッカリの毎日です。
Commented by ckonkn at 2016-09-27 00:41
noriさん こんばんは
いやいや「面向不背」、「光彩陸離」とは最大級の誉め言葉(ですよね?)
を頂き先週虫歯を被せて奥歯が疼いて来ました。
梯子をしっかりと固定したのでチョットやソッとでは外せなくして置きましたよ(笑)。
この地には別の鳥目当てで行ったのですが、本命は全く気配無し、でもこれ等を撮れたので結果オーライ。
「それを引き立てる背景」、これが全てだと思いますねぇ~。
なかなかそんな所には行ってくれないし、行ったとしても腕が追いつきません。
実際の光景はもっと綺麗だったのですがねぇ~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 里山の小さな池のカワセミ      秋色のセッカ >>