彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 26日

北海道の夏 ’16_マキノセンニュウ

灌木の中で鳴きはするがなかなか姿を現わさない草原の忍者
諦めかけた頃やっと上がってくれた
d0125872_23532160.jpg
d0125872_23533254.jpg
d0125872_2348274.jpg

d0125872_23484450.jpg

d0125872_23485967.jpg

d0125872_23491530.jpg

d0125872_2349436.jpg

d0125872_23495889.jpg

d0125872_23501244.jpg


by ckonkn | 2016-07-26 23:48 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2016-07-27 20:20 x
夢見人さん こんばんは  🐻
「マキセンニュウ」は、「草原の忍者」ですか。なるほど、何か良いコメントを考えましょう。
「マキ」といえば、第二次世界大戦中、私も参加していたフランスのレジスタンス組織でしたが、
ナチスに追われてよく森の中に逃げ込みましたよ。ドイツ軍の陣地にもセンニュウしました。
今思うと、よく命があったものだとゾッと致します。これが「マキセンニュウ」ですネ!
どうか、この北海の英雄に盛大な拍手をお願いします。
それにしても、癒しをたっぷり含んだ綺麗な絵ばかりですネェー。気持ちが吸い込まれそうです。
3・4枚目のハマナスが微かに入り込んだ絵が、美しさを醸し出しています。
何を大声で熱唱しているのでしょう。「ぼくらは みんな生きている・・・♬」でしょうかね。
Commented by ckonkn at 2016-07-28 00:27
noriさん こんばんは
ホ~、「草原の忍者」から第二次大戦のフランスにまで遡りましたか...
道理で大口を開いて決して綺麗とは言い難い声で縄張りを主張する訳だ(笑)。
しかし「マキノ」は牧野(牧草地)なんですねぇ~。
草叢や灌木の中で虫が鳴くような声で鳴いているのですが、なかなか上がって来ません。
幼鳥はシャッター音に反応してどんどん近づいて来るのですが成長は手強いです。
もう一歩でハマナスの花に乗ったのですが、無念!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北海道の夏 ’16_ノビタキ(2)      北海道の夏 ’16_ノゴマ >>