2016年 07月 25日

北海道の夏 ’16_ノゴマ

例年ならばハマナスの花絡みとなるのだが
d0125872_23562463.jpg

d0125872_2356013.jpg

d0125872_23534251.jpg

d0125872_2354233.jpg

d0125872_2354466.jpg

d0125872_23545097.jpg

d0125872_2355727.jpg


by ckonkn | 2016-07-25 23:52 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2016-07-26 21:52 x
夢見人さん こんばんは 🐻
わたくし昨日のコメントを読みまして、少々動揺しており、本日のコメントが書けなくなりました。
そこで、動揺した童謡を唄って見ます。
「待ちぼうけ 待ちぼうけ ある日せっせと 野良稼ぎ そこに兎がとんできて ころりころげた
きのねっこ」、どうですか、わたくしの動揺した気持ちを代弁した童謡です。
また、「ノゴマ」の囀りがとても綺麗な響きと聞いておりますが、当地では充分に堪能されました
でしょうか。わたくしの動揺した童謡と併せて、心の耳を澄まして聞き比べて下さい。
北海道の大自然に響き渡る「ノゴマ」の囀りと、待てば獲物は駆けて来るの想像はメルヘンですね。
何かご質問でもお有ですか??
Commented by ckonkn at 2016-07-27 01:13
noriさん こんばんは
囀りは綺麗な声をしてますが、時たま何処で鳴いているのか見つけられない事が有ります。
ハマナスの茂みの裏側だったり、鳴き声が近いと思ったら真後ろ居たり...
良いところに乗っていると思い近づくと前に枯れ草が一本有ったり、彼らにとって安全な所で囀ってます。
あらら、「動揺」ですか、墓穴を掘ってしまったとか... 
でもご安心を、かの御仁は電車でたった十数分の距離、最新の何でも出来るスマホを持った若い子は
道央道を走っても小一時間、電車では二時間弱、勘違いの桁が違ってますよ(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北海道の夏 ’16_マキノセンニュウ      北海道の夏 ’16_ベニマシコⅣ >>