彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 17日

春は直ぐそこに

ネコヤナギの花穂がそろそろ出始める頃と...
 まだ少し早かったかな
d0125872_20542972.jpg

d0125872_20544843.jpg

d0125872_20573133.jpg

d0125872_20575754.jpg

 残り少なくなったイノコズチを啄んで
d0125872_2059454.jpg

d0125872_21231264.jpg

d0125872_21234511.jpg

d0125872_21241456.jpg

d0125872_21245473.jpg

 

by ckonkn | 2016-02-17 21:52 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2016-02-18 21:30 x

夢見人さん こんばんは
そちらは、春の足音がヒタヒタと聞こえて来るわけてすね。画面を拡大して見ると、ネコヤナギの
新芽が確かに、出て来ていますね。なるほど、その新芽のことを、花穂(カスイ)というのですか。
また一つお利口になりました。このブログは本当に勉強になります。「虎屋」に「花穂」かァー!
ところで、本日のベニ、いつもながら良い表情をしております。背景も春らしくて結構かと思います。
しかし、昨日の黄昏風景の「ミコアイサ」が、脳裏に強烈に焼き付いて離れませんね。
1枚目が、素晴らしくて「ゴッホ」か「セザンヌ」かと思われます。彼等の絵は見た事は有りません。
いや、私としては、それくらい感動した画像であったということです。本当に、綺麗な絵でした。
歌で、表現したいのですが、旨く出てこないのですよ。仕方なく、駄作を一首。

『紅黄(こうおう)の陽(ひ)が混じりたる水面(みなも)には 
広げ̪し波紋の白鳥(しらとり)がをり』

何とか、感じて頂ければ有りがたいです。私としての、「美しい絵だったよ」という評価です。
Commented by ckonkn at 2016-02-19 00:53
noriさん こんばんは
自然界は着実の春に向かって動き出してます。人間だけですよ鈍感なのは(自分だけのことかな)。
ネコヤナギの場合は「新芽」では無く「花芽」のようですよ。一般のヤナギは赤っぽい皮に覆われた
「新芽」の中に新葉が入っていて伸びて来るようです。
「虎屋」と「とらや」の件ですが、ひらがなはブランド名として使っているようでした。
今朝羽田空港で店をのぞいたら確かに羊羹に「とらや」と、私の間違いでした。ごめんなさい(ペコ)。
で値段を見て二重にビックリ!! 我が家では縁が無いので...
なるほど!! でも「う~む!!」かな。後段が「波紋を拡げし白鳥がをり」の方が素人の私には
ピッタリ来るのですが、どうでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 旅に出ました      ミコアイサ(5) >>