彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 16日

ミコアイサ(5)

黄金色の水面の中で
d0125872_01958.jpg

d0125872_0191069.jpg

d0125872_0191226.jpg

d0125872_019184.jpg

d0125872_0192318.jpg


by ckonkn | 2016-02-16 23:49 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2016-02-17 20:36 x
夢見人さん おばんです
1枚目から、何とまァー綺麗な画像でしょうか。真実本当に綺麗です。私の眼が万華鏡になって
しまいましたよ。しかし、この画像は詐欺です、偽造です。この時期にいくら、夕方の黄昏風景
とはいえ、これはもう、紅葉真っただ中の秋の風景では有りませんか。水面に対岸の紅葉が映り
込んでおりますよ。真実を吐きなさい、昨年の秋ですか?  もっと前の年か?
詐欺でも、偽造でも何でも好いですが、綺麗な絵です。また、水色の波紋が輪になって広がって
行く模様が見事に綺麗です。ミコが縁日の輪投げに嵌ったようで、「当たりィー!」です。
申し訳ない、「とらや」の漢字が分かりませんでした。「虎屋」ですね。それから、もっと勉強
して下さい。あの世に行っても、「虎屋」の羊羹は有りますよ。その為に、船賃だけでは無く、
羊羹代も巾着袋に入れて持って行くので有ります。ショートケーキも売っているらしいです。
特に、糖尿だった方々には、人気が有るそうです。「ラッキー」ですね。
Commented by ckonkn at 2016-02-17 23:16
noriさん こんばんは
「夕方の黄昏風景」「紅葉真っただ中の秋の風景」と見ましたか、
残念ながら午後二時過ぎですし、先週の月曜日に撮った分ですからまだホンワリと湯気が立ってますよ。
詐欺でも偽造でも無く正真正銘の対岸の映り込みですよ。それ程の加工技術を持ってませんから(笑)。
これが何の樹だったか撮るのに一生懸命で覚えて無いのですがこの時期にしてこの映り込みの色は珍しいです。
いや~、巾着袋に羊羹代も入れて行くとは執念ですね。では多めに持って行かないと、
足りないからといって戻って来る訳にいかないですからね(笑)。
有ったとしても塩羊羹だったりして...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 春は直ぐそこに      ミコアイサ(4) >>