2016年 02月 02日

湿原物語(10)

今朝は何処へ行こうか... 迷った挙句何時もの湿原へ
Sさんは北口、Kさんは水門側に、取り敢えず鉄塔下へ、これも何時もの場所
朝の内風も弱かったが時間とともに風が強まり寒い!!
何時ものチュウヒが飛び、遠方でオオタカ、ハイタカが狩りをしハヤブサがノスリの接近に対してスクランブル
で撮れたのはまた近くを飛んでくれたノスリなので、在庫からアイサ2種の飛翔を

先ずはカワアイサ♀の飛翔、 気付いた時には通り過ぎてから...
d0125872_23353313.jpg
d0125872_23362185.jpg
d0125872_2337427.jpg

d0125872_23362855.jpg

ミコアイサも何度か近くを
d0125872_23281597.jpg

d0125872_23282296.jpg

d0125872_23284390.jpg

d0125872_23285176.jpg

d0125872_23293899.jpg

d0125872_23295665.jpg

d0125872_2333533.jpg

d0125872_23341987.jpg

d0125872_23344660.jpg


by ckonkn | 2016-02-02 23:36 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2016-02-03 22:18 x
夢見人さん こんばんは ??
「カワアイサ」の飛翔姿は、意外と綺麗で有りますね。
首から頭にかけて茶色、腹回りは白、羽の先端は黒で、翼上面と背面は灰色でしょうか?
誰が考えた配色なのでしょうか、巧いものです。足の引っ込みもきちんと入っています。
それと、「ミコアイサ」ですが、画面で見る限りでは、胴体の割には羽が小さいく見える
のは、画面の角度のせいでしょうか?
13枚目の画面を見て、そう感じました。これだったら羽ばたき回数が多くて、コミちゃんも
疲れて大変だろうと、お察しするところで有ります。糖尿おやじに羽を付けたようなもんです。
お腹の肉付きは、柔らかそうでなかなかの物です。寒い時期はやはり、鍋がいいですね。

Commented by ckonkn at 2016-02-04 00:58
noriさん こんばんは
カワアイサは前から入っていて泳ぐ姿を双眼鏡で見てるだけでしたが
飛んでいる姿を見るのは初めて、もっと早く気付けば良かったです。
この日を境に抜けてしまったようでその後見かけません。
「カモ類の中では、最も細長く見える(体高と体長の比率)種の一つ」のようで
配色も綺麗ですね。北海道では留鳥のようなので探してみてください。
ミコはズングリしてるので羽が短く見えますね。ミコの5枚のようにやや正面から見ると
程々の長さが有るのですが、撮り方が下手なのでしょう(涙)。
でも自分の姿を見てるようで何とも...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 湿原物語(11)      湿原物語(9) >>