彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 27日

湿原物語(4)

今朝も冷え込んだが陽が高くなるにつれポカポカ陽気
鳥さんも何処で日向ぼっこをしているのかサッパリ、鳥友6人が土手に座り日向ぼっこ
青い水面を見てると余りにものどか過ぎてウトウトと... この引き込まれて行くような感覚が至福の時
で自分の鼾に驚き眠りの淵から目を覚ます... これもまた至福の時
隣にいたSさんが 「いきなりサンカノゴイの鳴き声がしたので何処を飛んでいるのか探してしまった」 と大笑い
まだサンカノの鳴き声を聞いたことが無いがきっと良い声なのだろう(笑)

そんなこんなでのどかな午前中を過ごしていると遠方で泳いでいた二羽のオオハクチョウが飛び始めた
d0125872_1482927.jpg
d0125872_152383.jpg

d0125872_1484839.jpg

d0125872_1485027.jpg

d0125872_1485361.jpg

 目の前に着水
d0125872_1542091.jpg

d0125872_154395.jpg

 ここから 『ハクチョウの湖』 の公演が始まった
 続編は次回に

by ckonkn | 2016-01-27 23:52 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by f-masuo at 2016-01-28 05:05
SAMARAwです、ご無沙汰しております。
いびきを鳥の鳴き声と間違えてしまうとは、なんてのどかなことでしょう。
情景が浮かびます。
Commented by yamazaki-masao at 2016-01-28 06:30
彩の夢見人さん お早うございます。
日向ぼっこと居眠り、それでいて白鳥の飛翔を撮るとは!
羨ましい限りです、その頃私は何をして・・・・(溜息)。
Commented by chitose.nori at 2016-01-28 21:11 x
夢見人さん こんばんは ??
本日の、「オオハクチョウ」の飛翔姿を見ているよりは、日向ぼっこ鳥友六人衆の土手座りが
脳裏に浮かんで参ります。小春日和とでもいうのでしょうか。私には、暖かそうで羨ましいです。
土手に座りながら、鼾をかき爆睡する者、ウトウト舟を漕いでる者、耳をほじくり掃除をしている者、
鼻糞をほじくって舐めている者、「サンカノゴイ」の幻聴を聞き騒いでいる者、夢見人さんの様に、
じっと空の一点を見つめて、愛する妻に想いを馳せている者、六人それぞれ楽しい思いを過ごして
いる風景を感じさせて頂いております。ここで、一首浮かびました。

「小春空土手に腰かけ六人衆撮り鳥忘れ想い見るべし」、如何でしょうか?

感じ取って頂ければ幸いです。良いお仲間ですね。
Commented by ckonkn at 2016-01-29 00:18
SAMARAwさん こんばんは
こちらこそご無沙汰しております。
この地では場所決めをしたらひたすら鳥の出を待つしかないので
天気の良い日は自然と上の瞼と下の瞼が合わさってしまいます。
それ程暇を持て余すとも言えるのですが(笑)。
Commented by ckonkn at 2016-01-29 00:20
ヤマザキさん こんばんは
空は雲一つ無い快晴、凪いだブルーの水面を航跡を残して泳ぐカモ達
遠くで背中の羽に頭を埋めて眠るをハクチョウ、こんな中に居たら自然とトロリとしてしまいます。
6人も居れば誰かが鳥達の動きに反応するので私はただただ寝て待っていれば...
今日はコハクチョウが近くに来て羽ばたいていたのに誰も起こしてはくれなかったですが(笑)。
Commented by ckonkn at 2016-01-29 00:26
noriさん こんばんは
昨年の12月頭に使ってた携帯型の椅子が壊れたので高級アウトドアチェアを買ったのです。
それまでの椅子は1000円弱の折り畳み椅子、これが一年持たずに背もたれの布をハイプに
止めているゴムが破けてしまったのです。耐体重は80kなので十分余裕は有るのですが(笑)。
年間200日近くも使っていれば壊れるのは当たり前なのでしょうね。
でこの椅子の6倍の高級型に変えたのです。これが背もたれが深く傾斜してるので座り心地が良く、
快適、天気の良い日にはついついコックリコックリとなってしまいます。
何を隠そう、この鼾の主は私だったのです。まだサンカノの鳴き声を聞いたことは無いのですが
「ブオーブオー」と鳴くらしいですが、私の鼾はもっと可愛い音ですよ(笑)。
今日の一首は情景を良く現していて素晴らしいです。私が歌会始の選者なら必ず一票投じます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 湿原物語(5)      湿原物語(3) >>