2015年 12月 20日

湿原の冬

湿原に着いた時には車の温度計が1℃、今朝は大分冷え込んだようだ
周回路には薄っすらと霜が降りていたが陽が高くなるにつれ気温も上がって来た
d0125872_22463867.jpg

 左右の白っぽい樹、霜が冬枯れの枝に、と思ったら 『冬の華』
 昨日の強風に飛ばされたススキの穂が付着し朝日に照らされてキラキラと輝いていた

今日は所用が有り10時半までの鳥撮り、ピーカンだったがベニに掛けてみた
d0125872_22561516.jpg
d0125872_22552377.jpg
d0125872_22553386.jpg
d0125872_22564772.jpg
d0125872_2257551.jpg

d0125872_22572614.jpg

d0125872_22573137.jpg


by ckonkn | 2015-12-20 22:59 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-12-21 21:30 x
夢見人さん こんばんは ??
短い時間で、しかも、寒い中「ベニ」との遭遇、おめでとうございます。
本日も、良い「ベニ」ばかりで、見応えが有りますね。(ガッツポーズでしょうか)
2枚目の「ベニ」など、白いひげをはやした、サンタクロースかと思いましたよ。
時期が時期ですので、そのように見えたということで有ります。(今年は、ケーキ無しだと、何で)
陽が少し高くなって来たのか、最後の8枚目が背景共々綺麗でした。(白髪でも良い、毛が欲しい)
当地は、暖かくて今日も雨で有ります。このまま、雪の無い暖かい、お正月を迎えたいものです。
飽く迄も希望では有りますがね。(雪は山だけにしてくれー!)
Commented by ckonkn at 2015-12-22 19:36
noriさん こんばんは
高曇りの日が鳥に影が入るのが少なく羽の色も綺麗に出て理想的なのですが
そんな日は滅多に無くなかなか程良い光線の中でのシーンに出会えません。
3、4枚は色トビする寸前なのですがこのくらいが羽の光沢が有って良いのでは...
全くの曇天では色が無くなってしまい私の腕では全てゴミ箱行きとなります。
北海道でもセイタカに乗るベニが撮れるようですが、完全に枯れる時期には
渡ってしまうのでサンタベニは本州の特権のようですよ。
ケーキ無しのクリスマス、良いではないですか、糖分は控えなければ。
バレないように外で食べてくださいな。但し玄関入る時は口の周りチェックをお忘れなく。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 冬の湿原(2)      初冬の湿原(16) >>