彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 28日

晩秋から初冬色への湿原(3)

土手下のまだ緑の葉を付けたヤナギは小鳥達にとっては餌場と人間界を隔する絶好なブラインド代わり
 奥のセイタカアワダチソウを啄みにやって来るベニが移動の際ヒョコっと天辺に乗って辺りの安全を確かめる 
d0125872_023041.jpg

d0125872_0214717.jpg

d0125872_0223250.jpg

d0125872_022379.jpg

d0125872_02375.jpg

 でも殆んどが
d0125872_0534021.jpg

 たまにアリスイが
d0125872_0481155.jpg

 根元の枯れたススキの穂を啄みにホオジロが
d0125872_047545.jpg
d0125872_0562730.jpg
d0125872_056761.jpg

 近くの桑の木にジョウビタキの♀が
d0125872_048531.jpg

十数人集まるベニ場と違って大概一人、ゆったり時間が過ぎて行く
一日座って待ってベニが止まるのは3、4回、しかも♀ばかりで辛いが、その内きっと真っ赤な♂も...

by ckonkn | 2015-11-28 23:48 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 晩秋から初冬色への湿原(4)      晩秋から初冬色への湿原(2) >>