2015年 11月 27日

晩秋から初冬色への湿原(2)

今朝は濃霧、視界は街中では2、30m、湿原は10m有るか無いか
ベニが出てもホオジロやオオジュリンとの見分けがつかない
霧が晴れたら途端にピーカンとなり、ベニが出ても殆んどが逆光、難しい...
それでもこれだけ撮れたので9時過ぎには定位置へ移動
d0125872_22194996.jpg

d0125872_22203895.jpg

d0125872_22205459.jpg

d0125872_22213177.jpg

d0125872_2222079.jpg

d0125872_22224113.jpg

d0125872_22231851.jpg

d0125872_22232832.jpg

何とまぁ~!! 今日はオオタカ成鳥の木止まりが有ったとか(無念)
代わりにノスリの2羽物の飛翔シーンが
d0125872_2245168.jpg

d0125872_22454458.jpg

d0125872_22455766.jpg

d0125872_22461163.jpg

d0125872_22465377.jpg


by ckonkn | 2015-11-27 22:48 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-11-28 21:13 x
夢見人さん こんばんは  ??
そうですか、霧の中からベニが現れましたか。とにかく、カラスでは無く何よりです。
逆光と言えども、ベニが綺麗に撮れております。そちらで霧が発生することは極稀でしょうか。
霧に紅く浮かび上がったベニなどは、撮ることは出来なかったのでしょうか。
強いて言えば、私の好きな、スズキいやススキものがいいですね。
1枚目の、銀色に光り輝くススキの背景がいいし、7枚目のススキ乗りの逆光がとてもいいです。
秋の終わりが、画面からヒタヒタト伝わって来て、「本州も、いよいよ冬近しかァー」と、
感じております。そしてまた、「ノスリ」の蒼空2羽フォーメイションが最高です。
全くもって、11月の大雪には参りました。何せ、心の準備が出来て居ない雪ですから。
きっと、天気予報士もビックリと役立たず者ですね。今日もまた、詰まらぬ一首です。

「北風は凍えた指で頬を抓(ツネ) 雪も持参と街を駆け抜く]
Commented by ckonkn at 2015-11-30 00:05
noriさん こんばんは
前日の湿度がかなり高かったようです。都心では90%を超えていたようです。
冬場には月に1,2度有るか無いか、一昨日は都内の濃霧をTVニュース番組で取り上げてました。
「霧に紅く浮かび上がったベニ」ですか、♀を距離10m位で撮ってはみたのですが「???」でした。
相手が小さいですから霞んでしまったら何が何だか分からなくなりますね。
アオサギが湿原に立ち込めた霧の中の立ち木に止まるなら絵になるでしょうね。
去年この湿原で「朝方雲海の中でアオサギの木止まり」を撮ったお方(とっても鳥運が良い?)が...
それはそれは幻想的な画になってはいたのですが、同じ時間に同じアオサギを私も右側から撮っていました。
が霧は既に晴れ渡っていました。合成だったようです。
このノスリは若い兄弟のようです。羽の傷み無くじゃれ合ったような仕草で飛んでました。
もっと近くを飛んでくれれば良かったのですが、2,300m先でした。
この歌は非常に分かり易いですね。滑稽味が有ってなかなか面白い!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 晩秋から初冬色への湿原(3)      晩秋から初冬色への湿原 >>