彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 21日

秋色の湿原(36)

最近チュウヒの出が悪いので昨日今日とベニ狙いに
 先ずは昨日の出会いから
d0125872_23202966.jpg

d0125872_23204549.jpg

d0125872_23211958.jpg

d0125872_23214369.jpg

 この子は若♂かな?
d0125872_23221819.jpg
d0125872_23231785.jpg

今日もまた♀ばかり
 先ずは昨日の背景違い
d0125872_23262124.jpg

d0125872_23262925.jpg

d0125872_23265132.jpg

d0125872_23272374.jpg

d0125872_2327395.jpg

d0125872_2328436.jpg

d0125872_2329582.jpg


by ckonkn | 2015-11-21 23:36 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-11-22 21:36 x
夢見人さん こんばんは ??
本日は、お得意の「ベニマシコ」とあって、雰囲気をガラリと変えて来ましたね。
綺麗に撮れた良い作品ばかりで有ります。何処へ、出品するつもりですか?
1・2枚目の縦物では、淡い水色のボカシ具合が良い感じでありますが、意識した
ものでしょうか? (そちらは、まだ暖かいので、ベニもまだ留まっているようですね)
そしてまた、3・4枚目は、それとなく植物を添えたりして二クイ演出を施しており、
いかにも芸術作品を装っておりますが、生意気な感じです。
5枚目以降も、晩秋が漂っている撮り方で、「秋の、宝石箱やァー!」ですね。
そちらは、暖かいので紅葉が遅いようですね。こっちは、雪がそこまで来て、風が冷たいよ!
ここで、またヘタな一首をいってみます。寒さを感じ取って下さい。

「襟首を冷たき風が撫でる朝 落葉も光る踏む霜柱」、では如何でしょう。(落葉が朝日に光って)
Commented by ckonkn at 2015-11-23 00:57
noriさん こんばんは
♀2羽と若♂が連れ立って協力してくれたのでスッキリ物が撮れました。
「淡い水色のボカシ」は青空を映し込んだ水面なのですがこれが最大限でした。
一応意識したのですが、昨日はすっかり忘れてしまい7枚目のような面白く無い背景に
なってしまいました。「木を見て森を見ず」って言葉通りをやってしまいました(笑)。
「二クイ演出」だなんてとんでもない、ベニが偶然止まってくれただけですよ。
柳の葉はまだ青々としてます。特別に肥料を施した訳では無いですよ(笑)。
初冬の冷たさを肌で感じ、初冬の朝の陽射しを目で感じ、霜柱を踏む音を耳で感じる
なかなか風情溢れる初冬の歌となっていると思うのですが、「光る踏む」の部分が
素人の鈍な私の頭にはどうもしっくり来ないのですが...
でも「朝日に赤や黄色の輝きを増した落ち葉の下に霜柱が、そっと踏んでみようかな」
なんて気分なのでしょうか、繊細だなぁ~!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 秋色の湿原(37)      秋色の湿原(35) >>