2015年 11月 20日

秋色の湿原(35)

オオタカ若の続編を
枝の先端に1時間も止まっていると向き変えも大変...
d0125872_1181768.jpg

d0125872_1182889.jpg

d0125872_1183894.jpg

d0125872_1184173.jpg

d0125872_1184333.jpg

d0125872_1185053.jpg

d0125872_1185721.jpg

d0125872_1191598.jpg


by ckonkn | 2015-11-20 23:49 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by yamazaki-masao at 2015-11-21 17:14
彩の夢見人さん こんばんわ、
これを1時間も見ていたカメラマンも大変でしたね。
ユーモラスなシーンに見ていて思わず笑っちゃいました。
落ち着いてからオオタカが頭をポリポリしてませんでしたか?・・・(笑)。
面白い写真が撮れて良かったですね。
Commented by ckonkn at 2015-11-21 18:36
ヤマザキさん こんばんは
何時飛ぶか、カラスの邪魔が入る前に... 気付いたら何時の間にか1800枚になってました。
殆んどが顔の向きが右か左か正面か、こちらが「頭をポリポリ」ですよ(笑)。
こんなシーンを撮っていたカメラマンはたった3人、贅沢の極みですよ。
某湿原はグレーの鳥に100人超とか、普通種ばかりですが天国通いは良いもんです(笑)。
Commented by chitose.nori at 2015-11-21 22:41 x
夢見人さん こんばんは ??
本日はチットお出掛けで、コメントが遅くなりましたが、是非入れたい。
今日の、「枝先止まり、1時間」は、画面を観ていても、愉快で面白かったです。
オオタカでも足がシビレルことがあるのですね。そりァー彼等でも1時間もジッとしていて
方向転換しようものなら、オトト・・になりますね。これを見て居て私も思い出しましたよ。
若い時にあるお寺で、1時間程正座をしていて、「失礼します」といって、立ち上がり、
戸を開けて退室しましたが、戸を閉めた途端に左足がシビレて動かなくなり、「ドーン!」
転んだ廊下で動けなくなり、ほふく前進で立ち去ったことが有ります。(音は聞こえたはず)
部屋の中では、きっと笑いをコラえていたんでしょうね。「オオタカ」も枝から落ちれば、
もっと面白く嗤えたのにね。
Commented by ckonkn at 2015-11-22 00:53
noriさん こんばんは
1時間飛び回っているのであれば近くへ来た時だけシャッター押してれば良いのですが
止まりっぱなしは何時飛ぶか、それとも芸をするのか気が抜けなく疲れますね。
しかし「足がシビレる」ってのは面白いですが、獲物を「ワシ掴みする」強靭な足ですからね...
恐らく太さが4,5cmの木なので横側を爪で抑えていたので、「喰い込んだ爪が外れなくなった」
ってほうが猛禽らしいですよ。何れにせよ、スマートとは言えない方向転換だったには違いありませんが(笑)。
立ち上がって部屋の外まで出られたのにその後倒れるとは何とも...もうひと頑張り出来ればねぇ~(笑)。
その後皆さんと顔合わせた時には、当然「あのドーンは俺ではないよ」って顔してたのでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 秋色の湿原(36)      秋色の湿原(34) >>