2015年 11月 13日

秋色の湿原(29)

今朝はミサゴの止まっていた木にノスリが
 マッタリしていたので背景を変えて
d0125872_0281567.jpg

d0125872_028624.jpg

d0125872_028497.jpg

d0125872_0291566.jpg

d0125872_0305322.jpg

d0125872_0302419.jpg

d0125872_030640.jpg

d0125872_029408.jpg


by ckonkn | 2015-11-13 23:42 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-11-14 22:33 x
夢見人さん こんばんは ??
なるほど、なるほど、「ノスリ」のお立ち台に乗っかった位置は変わらずに、少しづつ右に
回り込みながら、1~4枚目の背景を替えて撮ったのでありますね。やっぱり、旨いわァー。
なに!  撮る物がないから、仕方なく時間潰に撮ったと! (フイルムの時代でなくて・・)  
素人の私にすると、被写体が一緒でも背景と位置を変える事に寄って、画面が全く違った
雰囲気になるのは、面白くも有り勉強にもなります。写真は奥が深すぎて泥沼に嵌って出られ
そうもないですね。あァーそうだ。もう既に、雪に嵌って三脚掻きでしたね。
そして、5・6・7も、同じく背景替えですね。私は5枚目の雰囲気が好きです。
最後の8枚目は、光背が黄色く色付いたその真中に「ノスリ」を持って来た。何と言う二クイ
演出でしょうか。少しずれて、ど真中でなかったのには悔やまれますね。
Commented by ckonkn at 2015-11-15 00:15
noriさん こんばんは
実は撮影の順番は5,6,7,8そして4,3,2,1なのです。
従って私が左回りに、画面の右側7,800m先から機材担いで小走りで...
カラスが来るのが先かこちらが着くのが先かのデッドレースです。
「背景を変えて」と言えば「考えているな!」とお思いになるかも知れませんが
実際は飛ばれては元も子も無くなるので少しずつ撮りながら移動しただけなのです(笑)。
「光背撮り」は前有った立ち木が邪魔でこれが右に寄る限度だったのです。
そんな事も有りましたねぇ~。「三脚掻き」では無く「恥掻き」だったような(笑)。
次回は雪の降る日は宿で静にしてることにします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 秋色の湿原(30)      秋色の湿原(28) >>