2015年 11月 05日

秋色の湿原(23)

この地でのサンカノゴイは幻の鳥、見ることが出来ればラッキー、撮れれば超ラッキーで
姿を見せても飛翔姿は3秒がやっと、しかしこの日は湿原の北口から南の端まで長距離飛行
が気付くの遅れこの往路は見送るだけ、南の端から中央まで折り返してくれたので独占撮り出来た
d0125872_017584.jpg

d0125872_017222.jpg

d0125872_0173763.jpg

d0125872_0174848.jpg
d0125872_0195413.jpg

d0125872_0201264.jpg

d0125872_0201846.jpg

d0125872_0203424.jpg
d0125872_021560.jpg

後半に続く
 

by ckonkn | 2015-11-05 23:50 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-11-06 20:18 x
夢見人さん こんばんは
なるほど、「サンカイノゴイ」は幻の鳥、見ることが出来れば、ラッキーですか。
申し訳有りませんね、私なんか、「労せずして」そのような貴重な映像を見せて頂いていることに、
感謝せねばなりません。やっぱり、夢見人さんには、鳥の羽の冠を被り、杖の先端には 鳥の彫刻を
施した物を持った白髪三千丈 の神様が付いてはいる様な気がします。
そうでなければ、次から次へとラッキーな鳥達が現れるはずが、なかんべよォー。
これからも、神様の力を借りて、貴重な鳥達の映像をたくさん見せて下さい。
いャー、ブルーインパルスのカラースモークが見られなくなって本当に残念です。ただの白い煙
だけでは迫力が感じられませんね。「洗濯物か汚れる」などのクレームを付ける一部の主婦だと
したら、休みの日にしか洗濯の出来ない、自衛隊が嫌いな狂師という肩書を持った人かも知れま
せんね。大概の日本人は皆残念がっていると思います。車の排気ガスは黒くなるぞ!
Commented by ckonkn at 2015-11-07 19:27
noriさん こんばんは
「白髪三千丈 の神様」は出雲には行かなかったようですね。
神様の世界もネット会議だったのか、それとも引退して後進に道を譲ったのかな...
今月になってからご機嫌斜めで鳥達は恐れ慄いて出て来ません。困った神様ですよ。
これからは神様の力を借りずに撮るしかないようです。藁にすがろうかな(笑)。
「狂師という肩書」とはナイスですね。きっと竹槍派なんでしょうね。
この湿原周りでも似たような話が、「秋から冬にかけて湿原のススキの穂が飛んで洗濯物や干してある
布団に着くので何とかしろ」とマンション住人のクレームが県に... マンションは後から出来たのですが。
「車の排気ガス」はOKなんですよ、クレームつけたら高級車に乗れなくなりますからね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 秋色の湿原(24)      秋色の湿原(22) >>