彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 31日

秋色の湿原(18)

早朝の柔らかく澄んだ光の中をチュウヒが巡回へ
d0125872_065421.jpg

d0125872_071318.jpg

d0125872_073139.jpg

d0125872_081511.jpg

 光の角度が良く普段のドクロ顔もスッキリと
d0125872_082595.jpg

d0125872_084467.jpg

d0125872_08479.jpg

d0125872_085940.jpg

d0125872_091085.jpg


by ckonkn | 2015-10-31 23:49 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-11-01 20:54 x
夢見人さん こんばんは  ?? 
「チュウヒ」の飛翔姿、どれもこれも素晴らしくいいですねェー!(迫力満点で有ります)
「よし! 来た!」という、カメラマンの執念の様なものを感じましたね。
この様な飛翔姿を見せて頂き有難うございました。本日絶好の飛行日和だったので行って参り
まとたが、自分の飛ばしている「飛燕」と、相い重なり合う感じかして嬉しかったです。
先日は、何だか判らない猛禽が、威嚇してきましたので、一戦交えよう思いましたら、慌てたように
戦線を離脱して行きました。時々後を追って来る場合が有りますよ。
それはさておいて、2枚目の翼端が上がっている感じは、ウイングレットの様で、これまた良かった。
いやァー、本日はいい絵ばかりで感激したでござるよ。ワハハハーと、いったところです。
Commented by ckonkn at 2015-11-02 00:59
noriさん こんばんは
毎日「執念」の炎をメラメラさせながら通っているのですが、このチュウヒはマイペース
他の猛禽を追い払ったり、遠いところばかり飛んだり、飛んだと思ったら直ぐに下りてしまったり...
こんなに顔をきっちり撮れるのは滅多に有りません。腕が悪いことも原因ですが。
まあ、毎日キッチリ撮れたら2,3回撮ったら飽きてしまうのでたまにが丁度良いのかも知れません。
敵さんが離脱して良かったではないですか、本気を出されて叩き落とされでもしたら泣くに泣けないですよ。
挑むならネギを背負っているカモが良いかと、帰ってから直ぐに鍋に出来ますから(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 秋色の湿原(19)      秋色の湿原(17) >>