彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 17日

秋色の湿原(7)

アリスイ待ちをしていると時々ハプニングが
 この日はノビタキが
d0125872_185945.jpg

d0125872_18592149.jpg

d0125872_1903567.jpg

d0125872_1902952.jpg

d0125872_1904799.jpg

 ツミが止まってくれた日も
d0125872_1954895.jpg
d0125872_1962534.jpg
d0125872_1964775.jpg

 ビンズイも
d0125872_1985288.jpg


by ckonkn | 2015-10-17 23:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-10-18 20:09 x
夢見人さん こんばんは  ??
「アリスイ」は、やはり、変わった姿かたちをしているので鳥撮りさん達には人気がある
のでしょうかね。私みたいな素人には、進化がどこかで停止してしまった古代の汚い鳥に
しか見えませんがね。「あァーそうか!」 そう言えば、私の脳みそも大した進化をしていな
ので、古典機が大好きなのですが、鳥撮りさん達もそんな感じでしょうかね。
どおして「ミサゴ」では無く、「ツミ」と判るのでしょうか。飛翔している時の翼の模様で
判断するのですか? 「 ツミ」深き無知な者をお許しください。
「ノビタキ」も「ビンズイ」も可愛い綺麗な小鳥では有りませんか、もう直ぐ何処かへ行って
しまうのでしょうか。寂しいですね。もし良ければ「オオタカ」に似た、私の体型映像を
送って差し上げますが、それを見て、寂しさを紛らわし、彼等が来る春を待っていて下さい。
Commented by ckonkn at 2015-10-19 00:48
noriさん こんばんは
ここのアリスイは背景が抜けて撮れるので、人気急上昇中なのですが
相手は気ままなので出ても数分間、そう簡単には撮らせてはくれません。
「進化がどこかで停止してしまった古代の汚い鳥」とは可哀想に...
姿はその通りなのですが、ドアップで見るとシックな良い色合いをしてますよ。
私は間違えてばかりですよ。このツミを見つけた時にはオオタカの若だと思いましたよ。
大きさが全然違うのですが、とっさでは分かりません(汗)。
「私の体型映像」なんて土下座されても見たくは有りませんよ。
寂しさを紛らわすどころか吐き気ともども高熱にうなされ、来る春も遠ざかるでしょうよ(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ミサゴの秋(20)      秋色の湿原(6) >>