彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 12日

秋色の湿原(4)

先日湿原の三大スターの揃い踏みが
 一ヶ月間独り舞台をご苦労様
d0125872_023986.jpg
d0125872_0231273.jpg
d0125872_023145.jpg

 新進気鋭のチュウヒ
d0125872_0212186.jpg

d0125872_0224457.jpg

d0125872_022488.jpg

d0125872_0225557.jpg

 大御所オオタカはいつも一瞬
d0125872_0233122.jpg

d0125872_023469.jpg

d0125872_0234095.jpg


by ckonkn | 2015-10-12 06:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-10-12 22:34 x
夢見人さん こんばんは ??
8・9・10枚目の「オオタカ」の真横からの飛翔を見ていたら、何とも言えない
綺麗な流線形をしているのには、甚く感心させられました。長年の進化によって
そうなったのでしょうが、それにしても見事な、流体の抵抗が最も小さくなる形の
流線形は素晴らしい、素晴らしいの感嘆の声をあげたくなります。
もしも、私に翼があって、飛んでいたら、腹の出具合とスマートな足をヒッタリ揃えると
「オオタカ」に負けないくらいの、素晴らしい流線形だと思うのですが、如何でしょう?
Commented by ckonkn at 2015-10-14 00:57
noriさん こんばんは
なるほど!! 立って居るとただの”出っ腹”も翼を得て飛ぶと「素晴らしい流線形」に...
でも進化しての話ですよねぇ~、何時になることやら(笑)。
今から成果が無かったら返金してくれるという某フィットネスに通ったほうが早いですよ。
足の長さは変わらないので諦めてください。足の長さは進化を待たないとダメか...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ミサゴの秋(18)      秋色の湿原(3) >>