彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 02日

ミサゴの秋(14)

最近玉砕続きなので今朝の湿原の風景と在庫から飛翔姿を
d0125872_234903.jpg

d0125872_2346242.jpg

d0125872_2347293.jpg

d0125872_234758.jpg

d0125872_2347723.jpg

d0125872_23471086.jpg

d0125872_23471249.jpg
d0125872_2349520.jpg


by ckonkn | 2015-10-02 23:42 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-10-03 20:52 x
夢見人さん こんばんは ??
1・8枚目のススキが原が綺麗ですね。銀色の穂先が秋の鈴を鳴らしているように
感じます。特に1枚目の風景が、河なのか湿原なのか分かりませんが、水の藍さと
ススキの銀色がマッチして、その美しさを倍増させています。
「ミサゴ」の飛翔も、秋空の雲を背景に上昇気流に乗って気持ち良く舞い上がって
行く様子がうかがえます。「ミサゴ」の翔が陽に透き通って見えるのが美しい。
ここで、土手下の歌塵が一首歌えと、言っておりますが、評価をお願いします。

「風吹かば銀の音色に尾花原 陽(ひかり)涼やか秋が耳元」 尾花=ススキ

「風吹かば尾花ヶ原に銀色の 響きは届く陽(ひかり)短し」

秋の感じを出してみたのですが、どうでしょうか?(最近頭が雲っています)
Commented by ckonkn at 2015-10-06 00:37
noriさん こんばんは
今季はミサゴが舞う時間に青空となったのは数回、青空が続き始めたらミサゴが居ない...
そんな中の数少ないシーンで背面には良くピントが合う状態で飛んでくれました。
素晴らしい歌です!! 願わくば出の悪くなったミサゴを11時間も待ち続ける馬鹿なジーさんを
北西の風に揺れるススキの穂に見立てた歌をもう一首お願いしたいものです。
レスが遅れ申し訳ありません。最近無為な残業続きで夕飯後は馬鹿睡、いや爆睡ばかりなので(謝)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ミサゴの秋(15)      秋色の湿原 >>