2015年 09月 13日

ミサゴの秋

近場の”湿原” に今季もミサゴがやって来た
去年は一ヶ月強、今年はどの位居てくれるか
暫くミサゴ詣が続きそう
d0125872_224772.jpg

d0125872_2243713.jpg

d0125872_2244086.jpg

d0125872_2253466.jpg

d0125872_22255617.jpg
d0125872_22261989.jpg

d0125872_22272555.jpg

d0125872_22301385.jpg


by ckonkn | 2015-09-13 22:37 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-09-14 20:37 x
夢見人さん こんばんは ??
本日から、「ミサゴ詣」が暫く続きますか。オスプレイのホバーリングと急降下ダイブが
見る事が出来ますね。既に獲物を握っている様ですが、小さすぎますよね。
オタマジャクシかと思ったよ。「アジサシ」の餌など横取りするなよ!(情けない)
そうですか、先ずは、オタマジャクシからフナ・コイ・シャケ・クジラと進わけですね。
是非、オスプレイのスゴ技を見せて頂きます。
Commented by ckonkn at 2015-09-15 00:20
noriさん こんばんは
「オタマジャクシ」は可哀想ですよ。彼(彼女かな)も懸命に捕っているのですからね。
「能ある鷹は爪を隠す」、自分よりデカい獲物を捕って水の中に引き摺り込まれたり
持上げられずバタバタ、「能ある鷹が爪を剥がす」では無様過ぎますからねぇ~。
でも迫力あるだろうなぁ~。彼も「何時の日にか」と思っているでしょう。
この地での一押しは何と言っても枯れ木止まりの羽バタもの、他ではこんな絵は
撮れませんよ。今年の場所はグリーンバックとなるのでこれからが楽しみです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ミサゴの秋(2)      高原にノビタキを求めて(7) >>