彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 03日

セッカ_3

昨日、今日と玉砕続きなのでまたまた在庫からです
d0125872_23545835.jpg

d0125872_23555688.jpg

d0125872_23552373.jpg

d0125872_23554136.jpg

d0125872_03287.jpg

d0125872_0051100.jpg

d0125872_011412.jpg

d0125872_011647.jpg

葦原は早くも秋色に
d0125872_024897.jpg


by ckonkn | 2015-09-03 23:49 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-09-04 20:39 x
夢見人さん こんばんは ??
在庫モノといいながらも、実は「取って置き」の作品だったりして、後出しじゃんけん、
など、いいのかなァー! 「セッカ」の細枝1本止まりも、シンプルな構図が好いでね。
背景が綺麗だから「セッカ」も浮き出て来る感じが有ります。
そして、9枚目の暗い青色が背景に入って来ると、薄も揺れて冷たい秋風が舞っている感じが、
おっしゃる通り、秋色を連想させますね。
思い付きの、一首を入れて見ます。そちらは、まだ秋には早いかも知れませんが。

「その風は纏わりついて腕を引く 夏は終わりと尾花囁く」
尾花は、ススキのことです。
(本日も、メールを入れてあります)
Commented by ckonkn at 2015-09-07 00:07
noriさん こんばんは
週末天気が良かったので遠出をしたのでレスが遅れました。申し訳ありません。
「後出しじゃんけん」などではありませんよ。直近に撮ったものですからまだまだホットですよ。
休耕田の隅に自制した桑の木の枝なのですが、ここがお気に入りのようで良く止まります。
しかし普通に撮ったら空抜けになってしまうので、土手から田圃に下りるスロープの途中からだと
このように稲田を背景にできます。思考力の低下した頭を最大限使ってます(笑)。
こちらは早々と秋色に変わったもの、まだまだ緑に拘り続けるものと中途半端な季節です。
この一首、そんな季節を見事に表していますね!! 久し振りの快挙かな...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 高原にノビタキを求めて      セッカ_2 >>