2015年 08月 23日

コウノトリ

県の北東部の田圃にコウノトリが来てるとことで昨日行ってきました

d0125872_22252921.jpg

d0125872_22254688.jpg

d0125872_22261561.jpg

d0125872_2241548.jpg

カエルを捕まえてました
d0125872_22433641.jpg
d0125872_22434978.jpg
d0125872_2244185.jpg
d0125872_22445064.jpg
d0125872_22445963.jpg

足環の部分を拡大すると『J0073』が
d0125872_23164494.jpg

どうやら兵庫県豊岡市のコウノトリ保護増殖センターにより放鳥された個体のようで
同センターの足環カタログによると「リリース個体の野外繁殖により巣立ちした個体」で永留地区人工巣塔で2013.04.19生れたメスとのこと

by ckonkn | 2015-08-23 23:23 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-08-24 20:24 x
夢見人さん こんばんは ??
何ということでしょう。本日は、「国の特別天然記念物」に指定されている「コウノトリ」では
有りませんか。それは何を差し置いても、情報が入れは、直ぐに飛んで行かねばなりませんね。
本日もまた、貴重な鳥を見せて頂き有難うございました。(感激の極みで有ります)
思い起こせば私も、数十年前に彼等によって運ばれて来たわけですから、懐かしい思いが致します。
見れば、何と頑丈な嘴でしょうか。突かれでもしたら、まる飲みされてしまいます。(押さえて!)
おそらく聞き付けた、鳥撮りのお仲間は、田圃のあぜ道でお祭り騒ぎではなかったでしょうか。
良くぞ大きく撮って頂き、私も観察させて頂きました。
それから、昨日の拙い一首で有りますが、難解とのことで有りますが。
明日は絶対に来るとは限りません。家に居ても、飛行機が落ちて来て亡くなることも有ります。
よって、翌朝、気持ちの良いお花畑にいたら、あの世で有りますし、「もうー朝かよ!」と、中々
目が覚めなかったり、無理やり起こされると、楽しい現世の辛い修行が待って居るわです。
Commented by ckonkn at 2015-08-25 01:24
noriさん こんばんは
それこそ野生の姿に今後出会えるかどうか分からないので近くに居るとなれば行かなければなりません。
この個体は2013年4月に京都府京丹後市内で生まれで11月に香川県に、先月の14,15日に岐阜県不破郡
に居たようですよ。既に2週間近くこの地に居る様なので今後何処まで移動して行くのか...
あらら、千歳川に流れていた桃からではなかったのですか(笑)。
「楽しい現世の辛い修行」とは、頭の中がすっかり極楽状態の私には難解過ぎます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コウノトリ(2)      渡り2種 >>