2015年 08月 21日

渡り2種

久し振りに森へ
サンコウチョウとツツドリと出会うことが出来た
d0125872_23334674.jpg

d0125872_23342314.jpg

d0125872_23331744.jpg

d0125872_23333429.jpg

d0125872_2331988.jpg

 曇天の空抜けばかりですが
d0125872_23384250.jpg

d0125872_23385297.jpg

d0125872_23385735.jpg

d0125872_23391117.jpg

d0125872_23393292.jpg

d0125872_23394110.jpg


by ckonkn | 2015-08-21 23:53 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-08-22 21:08 x
夢見人さん こんばんは  ??
「久し振りの森へ」とお出掛けで、サンコウチョウに遭遇とは、極めてラッキーな出遭いでは
無いでしょうか。素人の私でさえも極めて遭遇が難しい珍鳥だと思うのですが。
本日のサンコウチョウは、尾が短いので雌のようですが、写真で見ても雄の尾長は恰好が良すぎ
ますね。無理は承知の上で「我が儘、無理難題、お前はバカか」と、叫びたいでしょう。命を掛けて
とは申しませんが、サンコウチョウの枝乗りツガイが見たいものです。
夏風邪を引いている場合か、早く森へ行って、南方へ帰る前に撮って来て下さい。
お盆が過ぎると、生足がめっきり減り、残念でなりません。(夏がくゥーれば想い出す・・・)
動機が不純なのでは無く、動悸が不順なだけです。(私に、明日は来るのか!)
あっー、一首突然浮かんだ。

「明日は来るおそらく明日はやって来る 朝の目覚めが尚辛ければ」
土手下の歌塵です。
Commented by ckonkn at 2015-08-23 21:31
noriさん こんばんは
何時もの沼に行った帰り道まだ早い時間だったので森によってみたらサンコウチョウが...
午後には皆さん見失い、昨日も見つからなかったようなのでラッキーでしたよ。
この時期には♂は尻尾を落とし、色も濃い茶に変わってしまいます。この子は♀か幼鳥のようです。
「枝乗りツガイ」とは「我が儘、無理難題、お前はバカか」ですよ。
しかも「早く森へ行け」とは酷、鳥を探すより薮蚊の襲来をどうかわすかで精一杯ですよ。
朝の目覚めが悪いですか、我が家に泊まってみてください。一年中朝6時には必ず目が覚めますよ。
いや「覚める」というより「覚まされる」が正確です。隣で毎朝網戸、サッシを開けるか閉めるのかの
『ガタッ』『ピシャ』のうるさいこと。掃除が始まるのです。たまに旦那を叱る罵声も(笑)。
う~~む!、今日の一首は難解ですねぇ~...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コウノトリ      北海道の夏’15_ベニマシコ(8) >>