2015年 08月 11日

刻々と変る水面の中で

早朝の水面は刻々と変って行きます
d0125872_0405248.jpg

d0125872_0411718.jpg

d0125872_041096.jpg

d0125872_0413948.jpg

d0125872_042531.jpg
d0125872_0445813.jpg
d0125872_045672.jpg


by ckonkn | 2015-08-11 23:51 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-08-12 21:16 x
夢見人さん こんばんは ??
本日のコメントに「早朝の水面は刻々と変わって行きます」なんて書いて有ったので、
時期はお盆でも有り、これは何か、水辺の怪奇現象でも見せてくれるのかと思いきや、
何にも、出て来ませんでしたね。せめて、水面から「河童」が顔を覗かせていたのなら
最高だったのですがね。ここだけの話ですが、私が風呂に潜って顔を出すと、ちょうど
頭が「河童」の皿の様に見えますよ。その池で、私が潜って顔を出せば、良いお盆の
映像が撮れますよね。蓮の花を銜えているところを撮って頂ければ幸いです。
申し訳有りません。私には、非常識という価値観は有るのですが、常識という観念が
抜け落ちているようです。(これは「幸水」の甘さに、陶酔中・・・・)
Commented by ckonkn at 2015-08-13 01:12
noriさん こんばんは
「水辺の怪奇現象」と言えばこのセイタカシギ、いったい何時餌を獲っているのか...
板塀から浅瀬に下りてさぞや懸命に餌を獲るのかと思ったら意外や意外、ちょっと歩き回ってから
首を背中に回してうたた寝、そして歩き回りまた板塀の上に移動してマッタリ...
それを一人の爺さんがニ時間も三時間もカメラを向けている、これぞ『怪奇現象』でしょうね。
ただし「風呂に潜って顔を出す」ような無様な姿ではなく、どこか神々しさが溢れてますが(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< セッカ      グリーンの映り込みの中で >>