2015年 05月 20日

オオヨシキリ

今朝はフクロウの森へ行ったが、状況は変わらず親はお決まりの枝に、
田圃へ行ってみたがお目当ては出ていない
で今季初撮りのオオヨシキリを
d0125872_003913.jpg

d0125872_005278.jpg

d0125872_011232.jpg

d0125872_02215.jpg

d0125872_022326.jpg

d0125872_015928.jpg

これだけで帰るには忍びないのでちょっと足を延ばし都市公園のツミの様子を見に
状況はう~~~む...

by ckonkn | 2015-05-20 23:53 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2015-05-21 21:25 x
夢見人さん こんばんは ??
どの背景も淡い緑が清々しく綺麗に感じます。また、緑の葉群はさざ波の
ように揺れていて、「オオヨシキリ」の揺りかごかと思えるような、動きに
優しいくすぐりを感じさせる絵で有ります。(気持ちの良い絵と言った方が)
しかし、大口を開けて囀る様子を見ると、相当うるさく喧しそうな小鳥では
ないでしょうか。それと、この鳥の文献によりますと、一夫多妻とか、しかも
奥さんが巣まで準備をして、旦那を待っているとか。何とも羨ましい雄では
有りませんか!  私も今度生まれ変わって来る時には「オオヨシキリ」に
なって、「よきに計らえ!」とか言って奥方を指図したいよ。
今は、とんでもない、奥「今日は、燃えるゴミ、分かった!」「行って来て!」
夫「御意にござります!」、アチぁーです。
Commented by ckonkn at 2015-05-22 01:25
noriさん こんばんは
早朝(と言っても8時前後ですが)の光は柔らかく緑が綺麗に出ます。
「揺りかごかと思えるような、動きに優しいくすぐりを感じさせる」とはやはり詩人の表現ですね!!
とても凡人の私には逆立ちしても、圧搾機にかけられても出て来ませんよ。芳醇な脂だけです。
「ギョギョシギョギョシ」と実に騒々しい鳴き声なのでこの時期でなければ暑苦しくて聞いてられません。
休耕田のアシ原脇に車の止めて車内から撮っていると5,6mの距離に止まってくれます。
数が多いので30分と撮っていると相当撮れるので何も居ない時には助かります。
やはり憧れますか、でも餌運びは倍以上ですよ(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ツミの季節(14)      ツミの季節(13) >>