2015年 04月 14日

ボケの花園のベニ(8)

背景を変えて...
d0125872_0412777.jpg

d0125872_0413582.jpg

d0125872_0421159.jpg

d0125872_0425074.jpg

d0125872_0432221.jpg

d0125872_0433651.jpg
d0125872_0465272.jpg

 

by ckonkn | 2015-04-14 23:51 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by koganei at 2015-04-15 05:55 x
夢見人さん、おはようございます。
今シーズンも畑に行くこと叶いませんでした。
拝見して羨望の溜息の連続です。
でも、今年は鳥さんのお出ましと
反対側の輩の車に悩まされたようですね。
Commented by hori-art at 2015-04-15 17:55
夢見人さん、こんばんは。

あれ?今年は赤いボケは駄目で汚いボケばかりで、と書いていたような??
なんと!バックもスッキリ、ベニも赤いボケもあって最高ですね~~!
これで今年は駄目だったとは言わせませんよ~(笑)
良いのが撮れてますね~^^

反対側の輩ですね(笑)そうそう昨年私も困りました。
人物が写ってしまいますから。
Commented by chitose nori at 2015-04-15 19:23 x
夢見人さん こんばんは ??
何だか良く分かりませんが、だんだんと作品が良くなって来るのは、如何いうこと?
確か、天候が良く無くて、撮り鳥はお休みの筈ですがね。念力写真なのか、分身の術を使用した。
それはそうと、綺麗な画像でしたよ。私としては、特に縦物2枚が良かったなァー・・・・。
背景の薄淡い緑と濃い緑のボカシ具合が堪らなく好い配色ですね。私の好きな彩です。
そこに、紅い「ボケ」の花と「ベニ」ですから、何と表現したら良いのだろう。
艶やか・艶色・濃艶、こんな感じで、魅力的な趣のある絵でした。(もっと、良い表現が無いか)
本当にうれしい好い絵で有り、「気韻生動」が当て嵌るのかな。もっと良いモノが出て来たら表現出来ない!
ここで、言って置きますが、河川敷のクラッシュは風のせいでは無く、某航空会社の操縦士と同じく「腕」の
せいです。あの広島の失敗は時々有りますよ。何時も、模型で良かったと胸を撫で下ろしています。
Commented by kitamoto271-2 at 2015-04-15 20:18
おばんで~す
今期の最高傑作でしょうか(笑い)
今度は北海道での花絡みですね(^^;
Commented by ckonkn at 2015-04-16 00:18
koganeiさん こんばんは
年毎にボケの状態が悪くなり、今年はベニが少ない上に日にワンステージ有るか無いか
せめて2,3回出てくれれば存分に楽しめたのですがねぇ~。
もっとも出が良いと人も増えるので「行かなきゃ撮れない、行っても撮れない」が丁度良いのかも。
周囲の環境だけは抜群なので来年こそは是非背景を楽しみにお越しください。
Commented by ckonkn at 2015-04-16 00:22
horiさん こんばんは
こんな真平に刈り込まれた枝ですからねぇ、とても綺麗とは言えませんよ。
まだ完全に開花してない花もちらほら有りますが8割方は盛りを過ぎてしまってました。
何本か小高い枝が有ってそこに止まってこそボケベニですよ。
この程度では花絡みの傑作ばかりを撮るhoriさんには役者、いや舞台不足でしょう。
地元のCマンはボケの列の端には立たないんですよ。水路が鳥達の水飲み場になってますからね。
そこを塞がれたら川へ行ったまま...それを考えない輩が来るので困るのです。
Commented by ckonkn at 2015-04-16 00:27
noriさん こんばんは
気のせいですよ、中途半端なところに止まっているではないですか。
それにこれは通い始めた最初の日に撮ったもので、止まったボケの枝が低過ぎました。
折角美辞麗句で飾って頂いたのですが、種明かしをすると濃い緑の部分はネギ畑、
薄い緑は資材置き場の生垣なのです。距離が有るのと開放で撮っていたので背景が綺麗にボケてくれました。
このシーンを撮ったのは私を含めて3人、他の二人は短いレンズだったので恐らく資材置き場の鉄板の塀
(縦撮りの上真ん中の黒っぽい部分)までバッチリ写り込んでいたと思います。
ここでは人工物を避けるのに苦労しますよ(笑)。
今夜はいやに謙虚ですね、私なら何が何でも風のせいにしてしまいますけどねぇ(笑)。
Commented by ckonkn at 2015-04-16 00:29
T/Hさん こんばんは
そうなんです、情け無いですがこのシーンが今季の最高傑作になってしまいました。
菜の花やサクラ絡みをついに撮れず仕舞いに終わってしまいました。
余り焚き付けないでください、直ぐにでも行って撮り直ししたくなってしまいから(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 天気晴朗なれど...      ボケの花園のベニ(7) >>