彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 31日

2015冬の道東_マヒワ

エゾフクロウが目を開けるを雪の上に座り込んで待っていると直ぐ後ろで「チュイーン」の鳴き声
振り返るとマヒワがハンノキの実をかじっていました
今季地元では出会いが少なかったので嬉しい出会いでした
でもこれがベニヒワだったら... 
d0125872_2324931.jpg

d0125872_2332162.jpg

d0125872_2335334.jpg

d0125872_2342344.jpg

d0125872_234478.jpg

d0125872_235935.jpg


by ckonkn | 2015-03-31 23:14 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose nori at 2015-04-01 22:44 x
夢見人さん こんばんは ??
本日は、コメントがマヒワ無くなるところでした。遅くなって申し訳ない。
「マヒワ」が偶然にも遇いに来てくれて良かったでは有りませんか!
黄色い可愛い小鳥で、白い雪の中では良く映えたでしょうねェー。
念願の「ベニヒワ」に遇えなかったことは残念でしたが、それこそ、また来年が有りますよ。
そォー思い続けていると、長生き出来ますよ。私なんかは、明日さえもまた、一本抜けるのかと
心を病んでいますので、長生き出来ませんね。瞬間接着剤を使用すると、自分の指まで着いて
しまうので、そうすると皮ごと根こそぎ取れてしまうから困ったものです。
それにしても、黄色い「マヒワ」可愛いわァー。良い物が撮れて「ラッキー、ラッキー!」
Commented by ckonkn at 2015-04-02 00:55
noriさん こんばんは
一昨年は近くの公園に数100羽の群れが入って桜やコブシの花絡みや芽吹き始めたモミジの枝に
止まってくれたのですが、去年の春先から群れでは入ってくれません。
静まりかえって自分の溜息と耳鳴りしか聞こえない独りきりの森の中でいきなり後ろで鳴かれると
ドキッとします。7,8mの距離の低い枝で硬い実をかじっていたので立ち上がると驚かせて
しまうので雪の上に両膝つきで撮らせて貰いました。
傍目には黄色いか赤いかの違いだけなのですか、北海道まで行ってマヒワではねぇ~。
『また来年が有る』、最近こればかりなんですよ(笑)。「来年またネ」と言ってみたいです。
髪の毛の1本や2本抜けても良いではないですか、間抜けよりよっぽどマシですよ(爆)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ヒヨドリの春      森のヒレンジャクⅣ >>