彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 24日

色々な一日

午後一時陽が射したがどんよりの一日、どれも写りはイマイチですが色々と
シメから始まったのがいけなかったのか
d0125872_0392394.jpg

d0125872_039241.jpg

今日は白チュウヒは遠方過ぎ茶のみ
d0125872_0395340.jpg

d0125872_040425.jpg

d0125872_0401890.jpg

d0125872_0403418.jpg

ハイタカなのかオオタカなのか(独断と偏見でハイタカに)
d0125872_0421391.jpg

d0125872_0425450.jpg

突然前を通り過ぎたオオタカ
d0125872_0425959.jpg

d0125872_043289.jpg






d0125872_0431883.jpg

d0125872_0433365.jpg


by ckonkn | 2014-11-24 23:51 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose nori at 2014-11-25 20:38 x
夢見人さん こんばんは
「シメ」は、私は本日初見でしょうか。
ずいぶんと、カラフルな小鳥ですね。背中の羽の一部が紺色になっているということは、広げると
翼端が綺麗な紺色でしょうか。是非今度お会いする機会が有ったら、羽を広げて下さる様にお願い
して、撮らせてもらって下さい。「どれも写りはイマイチ」などと謙遜などしておりますが、本当は
撮れたことを「シメ、シメ」と、ほくそ笑んでいるいるのでは?(定番の言い回しをするなって)
この「シメ」という小鳥、嘴がずいぶんと頑丈そうですが、固い餌というか実をついばむのでしょうかね。
それと、「チュウヒ」「ハイタカ」「オオタカ」の飛翔は、「ダメだ!」どれがどれやら、判別がつかないわ。
最後の11・12枚目は、「チュウヒ」ですね。
Commented by ckonkn at 2014-11-26 00:20
noriさん こんばんは
北海道で営巣するようですから、見てると思いますよ。
今年2月末に北海道に行った時に撮って、3月13日に掲載しましたよ。
まあ地味な鳥ですから撮った本人も何時撮ったかは忘れていましたが。
う~む、シメの羽広げですか、この鳥に嵌まって真剣に撮る人は少ないでしょうね。
この嘴さえヒタキ系のようにスマートなら配色がシックなのできっと人気が高まると思うのですが、
名前も『鳴き声「シー」と聞こえるのと、鳥を意味する接尾語の「メ」が和名の由来』とは
余りにはも手抜きで可哀想になりますね(笑)。
チュウヒとハイタカ、オオタカの区別は簡単だと思うけどねぇ~。一番の違いは腹の縞模様
ハイタカとオオタカは同じような縞模様なので未だに区別がつけられません。
最後の11,12枚はミサゴですよ。この出来では無理もないですが(涙)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 渓谷のオシドリ(2)      ブルーの水面と >>