2014年 11月 21日

近くで撮れたチュウヒ

今日は土手下から狙ってみました
 茶チュウヒ
d0125872_2249144.jpg

d0125872_22493337.jpg

d0125872_22494894.jpg

d0125872_22501041.jpg

d0125872_2250528.jpg

d0125872_22505592.jpg

d0125872_22505875.jpg

 白チュウヒ
d0125872_22514243.jpg
d0125872_22525998.jpg

d0125872_22541946.jpg

    電線がジャマですが捨て難くて
d0125872_2252738.jpg


by ckonkn | 2014-11-21 23:25 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose nori at 2014-11-22 21:49 x
夢見人さん こんばんは
今日は「チュウヒ」の飛翔オンリーでしょうか。ウーム! カッコいいですねェー。
「飛んでイスタンブール・・・・」とはいかないまでも、せいぜい私が飛べるのは
「清水の舞台」からかなァー。それは、ムリ、ムリ・・・と「右手を振る」
それはそうと、5・6・7枚目の、前進翼にしての低速飛翔、堪りませんねェー。
前進翼にすると、低速になっても失速しないのですよ。横安定は悪くなるのですが、
その分、動きが機敏になるという特性があうるようです。でも、飛行機にはデメリットの
ほうが多いので、試験的に戦闘機は作られているようです。
それから、10枚目の地表をナメルように、低空飛翔をしている様子も、あああ・・・・!!!
いいねェー! 私も、あれを真似て、1機バラバラにしたことが有ります。(背面でね)
「チュウヒ」の様に、上手くなりたい死ぬまでに、ムリ、ムリ・・・と「右手を振る」
来世に行ってもムリでしょうか。
Commented by ckonkn at 2014-11-23 17:07
noriさん こんばんは
チュウヒは下を見て餌探しをしながら飛んでいるのが多いですから、顔が上を向いた姿を狙ってみました。
諸先輩はこの姿で目にキャッチが入ったものビシッと撮っているのですが、素人には難しいです。
一昨日は良く飛んでくれたので色々な姿勢を撮れました。こんな日もたまには有るので止められません。
「清水の舞台から」飛げるなら立派なものですよ。普通は「落ちる」ではないでしょうか(笑)。
「前進翼にすると、低速になっても失速しない」なるほど!! でも突然やられるので偶然の産物で
狙っても撮れません。何かの兆候がきっと有るのでしょうね。
背面で低空飛翔って高度なテクなのでしょうか、なら外装を天地逆に組み立てたらどうなんでしょうねぇ~。
滑走が上手く行くよう練習すれば後は目を瞑っても楽勝なのでは(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< それなりの半日      チョウゲンボウに始まり、終わりも >>