2014年 11月 09日

遠いダイブ

折角入水から浮上までを撮れたが(これだけ遠かったら当たり前かな)
ミサゴは手ぶら、いや足ぶら...
d0125872_224432.jpg

d0125872_22441317.jpg

d0125872_22442080.jpg

d0125872_22442342.jpg

d0125872_22443865.jpg

d0125872_22444120.jpg

d0125872_22444395.jpg

d0125872_22444583.jpg

d0125872_22444812.jpg

d0125872_2248503.jpg


by ckonkn | 2014-11-09 23:25 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by koshizumi2 at 2014-11-10 20:19
彩の夢見人さん、こんばんは
最近の作品を見させて頂いてますが、完全に猛禽屋さんになったようですね
いとも簡単にミサゴを撮れるポイントをご存知な巨匠には感服させられます
ミサゴなんて久しく撮った事がないので羨ましく思えてなりません
コンデジ界に鞍替えした私でもミサゴって撮れますかね?
Commented by chitose nori at 2014-11-10 20:56 x
夢見人さん こんばんは
「ミサゴ」の入浴シーンは、見事で有りました。私はてっきり、溺れてもがいて上がって
来れないのかと思いましたが、力強く離水して参りました。アレだけ頑張ったのに獲物を
掴んでなかったのが残念ですね。やっぱりカラスにバカにされるドジな「ミサゴ」でした。
やはり、ご指摘の通り遠いのが残念でしたが、でも遠いのに良く撮影出来ました。(凄いよ)
あァーそうかァー老眼は、遠くがハッキリ見えますからね。カメラも老眼用か?
シャッターも手振れ防止なら完璧で有りますね。これ、自分自身のことよ! (もうすぐ、ヨイヨイ)
Commented by ckonkn at 2014-11-10 22:27
越谷住人さん こんばんは
最近の野鳥界にはそんな区分が出来たんですかぁ~
湿原にこもりっぱなしなので外界のことに疎くなってしまいました。
それにロウソクも買えず爪を燃やして暮らしてる身では贅沢は言えませんよ。
目の前に居る鳥をせっせと撮らないと(笑)。
名人が鞍替えですって、体格からいってロクヨンが合っていると思いますけどねぇ~。
Commented by ckonkn at 2014-11-10 23:22
noriさん こんばんは
魚の必至ですからね、そう簡単には捕まらないでしょう。
それにただの水浴びだったとか、ミサゴにも好みが有ったのかも知れませんよ。
魚が痩せ過ぎていたり、小さ過ぎるので離したとか...
これが近かったら恐らくファインダーに入らなかったでしょうね。
遠い分ミサゴの動きについていけましたよ。
「老眼」いやいや「遠視」と言ってくださいよ。
手ぶれも時には役に立ちますよ、狙いがズレタ分手振れで丁度良い位置に(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< いよいよ冬ベニ      こんな日も... >>