2014年 11月 05日

晩秋色のチョウゲンボウ

今朝の湿原は黒雲でどんより、しかもカメラマンが一人も居ない
8時過ぎにカラスに追われたノスリが、チュウヒが飛び出しカラスに追われ...
撮れたのは黒ノスリと黒チュウヒ、カラスとの見分けがつかない
9時過ぎにHさんが珍しく早出、幸運を引き連れて
チョウゲンボウが枯れ枝に止まってくれました
d0125872_23413693.jpg
d0125872_23422240.jpg
d0125872_2352795.jpg

背景を変えて
d0125872_2364132.jpg
d0125872_2364468.jpg

d0125872_2375252.jpg

d0125872_238912.jpg

d0125872_2382388.jpg

d0125872_2394314.jpg

d0125872_2313243.jpg


by ckonkn | 2014-11-05 23:17 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose nori at 2014-11-06 20:36 x
夢見人さん こんばんは
天候が黒雲でどんよりですか、そこは残念で有りますが、「カメラマンが1人も居ない」とは、
これ、頂きでは有りませんか。360°周りの景色は全て自分の物で有りまして、盗み放題の、
いえいえ撮り放題というところですね。しかし、誰も居ないのはチット寂しいですかねェー。
まず、黒雲で雨がヤバイ天候にもめげずに出掛けるのは、「アホ」な夢見人さんぐらいでしょうか。
ところで、本日の「チョウゲンボウ」の枯れ枝止まりは、綺麗に撮れていますね。実に、旨い!
「どれが好いかい」と問われても、全ての作品が上手く撮れてるわァー。表情豊かだしね。
強いて言えば、私としては、1・2・3枚目でしょうか。素晴らしい、素晴らしいよ。
何て言ったら良いのだろう、猛禽にしては上品に撮れているという表現かな。
Commented by ckonkn at 2014-11-06 22:33
noriさん こんばんは
ミサゴも来なくなりアリスイも出が悪いとなればカメラマンは極端に減ってしまいます。
でもここは時々ハプニングが起こるので通ってないと後悔するんですよ。
確かに7時を過ぎても日の出前のように薄暗い日に鳥撮りに出掛ける酔狂者は少ないでしょうね。
やはり最初の3枚ですよね、温存しようと思って最初4枚目以降だけにしたのですが
どうもイマイチなので追加してしまいました。
この枝にはカラス以外の何が止まっても背景が良いので「上品に撮れる」のです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2度有ることは...      飛ぶならこのコースと >>