2014年 10月 30日

秋の湿原にて(31)

今朝6時半の湿原の気温は7度、大分冷え込んだ
何時も日の出前に現着しているMさん、Kさんは今日は休み、なので早朝のアリスイを独り占めできた
止まっている枝はゴチャゴチャだが背景は秋色
d0125872_22265849.jpg

d0125872_22272731.jpg

d0125872_22281534.jpg

d0125872_22282015.jpg

d0125872_2228492.jpg

d0125872_22292767.jpg

d0125872_22293795.jpg

何時も良い所に止まってくれるホオジロ
d0125872_22373368.jpg
d0125872_22373869.jpg

ジョウビタキの♀が
d0125872_22374529.jpg

2時半過ぎにやっとチューヒが飛ぶ
d0125872_22403342.jpg

d0125872_2241047.jpg


by ckonkn | 2014-10-30 22:44 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by akaiga-bera at 2014-10-31 06:33
おはようございます。
ホオジロとアリスイさんのコラボいいですね。
左に行かなければ遇えたの時間帯でした。
いつもながら驚きのシーン堪能させていただいています。
Commented by chitose nori at 2014-10-31 20:54 x
夢見人さん こんばんは
「背景は秋色」との事、確かに木の枝には葉が一枚も有りませんね。
いよいよ、そちらでも秋が凝縮されて来ましたね。近郊の山々は紅葉
真っ盛りで綺麗でしょうね。紅葉を撮りに出掛けないのですか?
其れはさて置き、「ホオジロ」と「アリスイ」が同じ方向を向いてい
るのは、何か目線の先に有るのでしょうか? それが何か知りたい。
随分と鳥達が豊富な湿原ですね。通うのも、然もありなん!
本日、河川敷に行って参りましたが、大量の白鳥と鴨達がシベリアから
来道しており、何処ぞの湿原に行くために羽を休めておりました。
彼らの編隊着水は、実に巧くて綺麗ですね。目に双眼鏡の跡が付くほど
見つめて参りました。


Commented by ckonkn at 2014-11-01 00:42
赤いガーベラさん こんばんは
右に行くか左に行くかでその日の運命がガラリと変りますからねぇ~。
迷った時にはポケットから五円玉を出し表なら右、裏なら左へ行くことにしてます。
最近アリスイは気まぐれで大概外れてますが(笑)。
Commented by ckonkn at 2014-11-01 00:46
noriさん こんばんは
この木は元々立ち枯れてしまってます。良く止まってはくれるのですがどうもねぇ~。
ごこに行っても混みますからねぇ~、のんびりとこの湿原で里山の黄葉を眺めているのが一番です。
そう言われると同じ方向を見てますね、顔が良く見えるものだけを選んだらこうなっただけで
目線の先には何も居なかったような...まあ、狩りの下手なオオタカは遠方に何時も居すが。
この地でも一昨日白鳥の先遣隊が2羽上空を飛んだらしいですが、カモ類が大分増えて来ました。
時々編隊飛行を狙ってはいるのですが、空に浮いたゴミにしか撮れないのでメゲテます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 秋の湿原にて(32)      秋の湿原にて(30) >>