2014年 10月 08日

秋の湿原にて(10)

今朝もミサゴとハヤブサは出張中、オオタカの若がスタンバイ
ゴイサギの幼鳥をターゲットに... 天眼鏡で見てください
d0125872_20402334.jpg

d0125872_20402596.jpg

d0125872_20402870.jpg

d0125872_20403537.jpg

d0125872_20403685.jpg

d0125872_20403972.jpg

d0125872_2040411.jpg

d0125872_2040441.jpg

d0125872_20404773.jpg

d0125872_20405066.jpg

d0125872_20405536.jpg

d0125872_20411482.jpg


by ckonkn | 2014-10-08 20:46 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by yuugesyou at 2014-10-09 07:34
夢見人さん おはようございます。
この湿原はいろんな鳥が飛んでくるので楽しいですね。
オオタカの御狩場になっているなんて凄いですね。チャンスは逃しませんね!
このような場面を撮るには 根気好く まめに通わないとダメですね。
ホシゴイはこの後 調理されて食卓に乗せられたのですね?
Commented by gounai at 2014-10-09 15:23 x
夢見人さん、こんにちは。

弱肉強食とは言え、この様なシーンはねぇ~(笑)、それにしてもグットタイミング流石です。
Commented by chitose.nori at 2014-10-09 20:43 x
夢見人さん こんばんは
昨日は失礼致しました。確かにミサゴの飛翔姿で有りました。
そうです。「ハヤブサ」「隼」の味方です。(バレタかァー)
それよりも、本日の「オオタカ」の攻撃シーンが劇的で迫力満点で有り、
凄いところを撮ったものだと、瞠然としているところで有ります。
当然、ご指示の通り全て、天眼鏡で見せて頂きました。特に4枚目が
残酷な酷虐とは思いましたが、これも自然の摂理と感じ入ります。
それにしても、ラッキーと言うか、運の良い人と言うか、趣味に情熱的
な意志に生きていると、神様はご褒美を与えてくれるものですね。
結局最後「ゴイサギ」は「オオタカ」から脱出できなかったんでしょうか。
この様な珍しい絵を見せて頂き、感謝致します。(次はなに・・・・・)
Commented by ckonkn at 2014-10-09 22:48
夕化粧さん こんばんは
日替わりに主役が変わってくれるのと何かしらのハプニングが起こるので休めませし、
外れてもモズだけは目線以下で撮れるので、結構楽しめます
ここでは獲物掴みのシーンは遠くて望み薄なので細かいシーンをかき集めませんと...
この顛末は諸事情でここではまだ明かせません、続編にて(笑)。
Commented by ckonkn at 2014-10-09 22:56
gounaiさん こんばんは
ここでは「弱肉強食」は通用しません。
カモなんかは完全にオオタカ、ハヤブサをバカにして止まってる下で悠然と泳いでます。
そのうちに危険な鳥と気付くのでしょうが...
Commented by ckonkn at 2014-10-09 23:07
noriさん こんばんは
先々週はサギを掴んだようなのですが、今回はゴイサギ、この順番からだと次はアオサギ...
時節がら〝サギ”の摘発に重点をおいているようです(笑)。
カモ類はもう少し寒くなって脂がのって来るのを待っているのカモしれませんね。
こんなシーンを外すとここに行っている意味が無いので必死で追ってました。
これ以上のピンボケだったらオオタカに身を晒さないといけないところでした。
程良いサシが入り松坂牛を上回る美味だからと言って若には勿体無いですからね(笑)。
『(次はなに・・・・・)』ですって、いくら昨晩が皆既月食だったからって
そう月夜ばかりは続きませんよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 秋の湿原にて(11)      秋の湿原にて(9) >>