彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 17日

高原のノビタキ(5)

ハバヤマボクチに止まって
d0125872_23501877.jpg

d0125872_23502086.jpg

d0125872_23503576.jpg

d0125872_2350405.jpg

d0125872_23504945.jpg

d0125872_23511771.jpg


by ckonkn | 2014-09-17 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by gounai at 2014-09-17 18:14 x
夢見人さん、こんばんは。

色々な場面のノビタキ、良いですね、↓のアカゲラもグットです。
Commented by chitose.nori at 2014-09-17 23:07 x
夢見人さん こんばんは
「君たちキゥイ・パパイヤ・マンゴーだね、咲かせましょうか、フルーツ・
スキャンダル!」と、「ハバヤマボクチ」なるものに無知なる故に苦渋に
満ちたコメントで有ります。いやネェーリズムがいいもので、ジジイでも
自然と体が動いてしまうのですよ。「中原めいこの歌」聞いて下さい。
「ノビタキ」が「ハバヤマボクチ」と同化して何処に居るのか判りません
でした。あァー「君たちキゥイ・・・・」踊ると腰を痛めますからね。クク・・・
旭岳も初冠雪となりました。紅葉も一気に駆け下りて来るでしょう。
ところで、関東地方の地震は大丈夫でしたか、下から突き上げる
ような感じと報じて折りましたが?
Commented by ckonkn at 2014-09-18 00:50
gounaiさん こんばんは
このシーンは原色ノビとは別の場所なのですが、7、8羽居たので結構楽しめました。
高原の秋の野も色々な花が有り面白いですね、ノビは思い通りにはなかなか止まってはくれませんが。
Commented by ckonkn at 2014-09-18 00:58
noriさん こんばんは
この植物は本州の福島県から九州の山地の草原に生育しているとのことなので
北海道では見られないようですよ。最初アザミの種類かと思ったら違ってました。
もちろんこの名前は知りはしませんでした(ポリポリ)。
『日本固有種で「葉場山」というのは草刈り場のある山のことであり「火口(ほくち)」というの
は昔の人が火をつけるときに用いた綿毛のこと。 かつては葉の裏側に密生する綿毛を乾燥させて
「火口」に用いたという』だそうですよ。
そんな歌手がいたんですか、「中村メイコ」なら知っているのですが(笑)。
『君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね。』って化粧品会社のキャンペーンソングだった...
この頃はテレビやラジオの歌番組とは無縁な世界に居たような(塀の中ではないですよ)。
もちろん仕事一筋、残業残業の毎日、休みの日は寝だめの日でしたよ。
雪が降ってしまいましたか、行きたかったなあ~、コケモモのギンザンが撮りたいんですよ。
地震の時は車で橋の上を走行中、ハンドルに縦揺れのショックを感じましたが
むしろ携帯の地震情報アラームが鳴り出したのにビックリでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 高原のノビタキ(6)      久し振りのアカゲラ >>