彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 27日

コアジサシの季節(2)

メスの待つ畔の上をご馳走を咥えて
d0125872_2316149.jpg

d0125872_231629100.jpg

d0125872_23164711.jpg

d0125872_23171568.jpg
d0125872_23173546.jpg

 休む間も無く次のご馳走獲りに
d0125872_23472225.jpg

一昨日代掻きをしていた田圃も今日の午後には田植えが終わってガラリと雰囲気が変わりました
d0125872_23324376.jpg

d0125872_234901.jpg


by ckonkn | 2014-04-27 23:41 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2014-04-28 20:33 x
夢見人さん こんばんは
「コアジサシの季節2」又は、「夫の扱き使い編2」でしょうか。
「遅かったわねェー、何してたのよ!」「はい、よそ者に邪魔されて・・・・」
「とっとと行って、でかいのを捕って来なよ!」などと言っているのが聞こ
えてきそうです。我が家は、「アユ」だと舌打ちされますので、新鮮な
「ウニ」でなれけばお仕置きされますので・・・おゥー怖!
私の拙歌などをお褒め頂き有難うございます。意味はその通りです。
車窓から、フット見たら、こぶしが咲かんとしており、春を感じました。
何をおっしゃいます。XPでは有りませんよ。「8」ですからねェー。
??の絵文字くらい出ますよ。鹿も狐も出ませんが、どうしょう! ・・・???
Commented by ckonkn at 2014-04-29 01:06
noriさん こんばんは
やはり生活実感からの事を思い浮べてしまうようですね~。
この地は稚鮎の遡上の最盛期、何時も小さ目が多いです。15,6㎝級なら文句も言われないのに(笑)。
「ウニ」なら生で食べられますからね、アユはまさか生でとはいかないですね。
昔、生育したマリモが海に出てウニになると思ってましたよ。バカですねぇ~(笑)。
天然記念物のマリモの子は食べてはいけないとの親の教えが有ったのかも知れません(笑)。
白熊で良かったのですね、最初ソフトバンクのお父さん犬かと思ったのですが...
もちろん娘さんに嫌がられながら出し方を教わったのでしょうね、見返りはウニですか(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ツミの季節(5)      コアジサシの季節 >>