2014年 04月 26日

コアジサシの季節

最近夏鳥の出が悪く、川縁へ
コアジサシの季節となったのです
d0125872_23451579.jpg

d0125872_23453749.jpg

田圃の畔に降りて
d0125872_2346477.jpg

求愛給餌
d0125872_0175744.jpg

 魚が貧弱だったのかメスは見向きもしません
 哀れオス君、この後自分で食べてしまいました
d0125872_0173641.jpg

 今度は大き目
d0125872_23462814.jpg

d0125872_23463189.jpg

d0125872_234647100.jpg

d0125872_23472452.jpg

d0125872_23473849.jpg

d0125872_23475984.jpg

上空をムナグロの群れが
d0125872_0153913.jpg

昨日の光景でした
 

by ckonkn | 2014-04-26 23:51 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2014-04-27 20:13 x
夢見人さん こんばんは
「コアジサシ」は久しぶりでしょうか。それにしても、ツガイの求愛給餌は
微笑ましくて、見ている方も楽しくなりますね。(どんな、会話かな?)
しかし、彼女がわがままなところは、我が妻と一緒か!(しィーーー!)
それと「ガビチョウ」は初めて見せて頂きました。「ガビョーン」かと思い
ましたが、白いサングラスと尾っぽが特徴でしょうか。
北の大地も突然真夏の陽気になり、27度に防寒着とは可笑しいです
よねェーと思いながらも着ていました。(何が何だか判らない)
一首浮かんだぞ!
「北国も 谷をくねりて 東風(コチ)が吹く 今振りむけば
                               こぶしの着替え」
北国の春を感じ取ってもらえますかねェー。「土手下の??呼」
Commented by ckonkn at 2014-04-28 01:03
noriさん こんばんは
去年は連休前からお盆の頃まで楽しませて貰ったのですが今年は土手の工事が終わってしまい
営巣場所が無くなったので楽しめる期間も短くなりそうです。
我がままですか、ここだけの話、たまには新鮮捕れたてのアユなどお土産になさったらどうでしょう(笑)。
ガビチョウは鳴き声が良いのでペットとして中国、東南アジアから持ち込まれたのが篭脱けし今や大繁殖、
里山の地上採食のツグミ類を駆逐する可能性が有ると言われています。
普段は「ガビか!」と言って見向きもされないのですが、何も撮れないとつい...
今日の一首は素晴らしい!! 素養の欠落した私にも理解出来ます。特に「こぶしの着替え」
最初「古武士」が冬物から春物に着替えるのかと思ったら「辛夷」だったのですねぇ~。
「今振り向けば」とは「春はまだかと待ちわびていたらいつの間にか他の木々に先駆けて
蕾から白い花を咲かせた」という状態を言っているのでしょうか...
実に秀作ではありませんか!! それと白熊の顔文字を良く引っ張り出せましたねぇ(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コアジサシの季節(2)      ツミの季節(4) >>