彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 13日

ベニの春(8)

ウィキペディアによると
ボケ(木瓜、学名: Chaenomeles speciosa)は、バラ科ボケ属の落葉低木。果実が瓜に似ており、
 木になる瓜で「木瓜(もけ)」とよばれたものが「ぼけ」に転訛(てんか)したとも、「木瓜(ぼっくわ)」から「ぼけ」
 に転訛したとも言われる。 学名の speciosa は、「美しい」、「華やか」、Chaenomeles は「chaino(開け
 る)+ melon(リンゴ)」が語源。
】 とか
d0125872_2322173.jpg

 なぜ3月下旬になるとベニがこの畑に集まるのか、下草のハコベの花芽が目当てなのは確かなのですが...
d0125872_21313873.jpg

d0125872_21322671.jpg

d0125872_21324995.jpg

d0125872_21325355.jpg

d0125872_2133878.jpg

d0125872_232377.jpg


by ckonkn | 2014-04-13 23:41 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by chitose.nori at 2014-04-14 20:04 x
夢見人さん こんばんは
1枚目の白いボケも綺麗ですが、葉がだいぶ出て来てしまい、花が
隠れてしまいそうですね。私は葉が出過ぎると葉をむしって、花だけを
楽しみます。そうです、7枚目の赤ボケのように花いっぱいを楽しみ
ます。もう少し光源を押さえた赤が好きかな。一首、浮かんだ!
「 「ベニマシコ」 真っ赤な木瓜が 騒めいて 
                      いつ旅立ちと 飛花の囁き」 
上手く出来たでしょうか? 評価をよろしく。               
Commented by tanuki_oyaji at 2014-04-14 21:43
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
連日のボケベニマシコ、素晴らしいですね。
見返りのシーンも凄く良いですよ。
すっかり背中も紅くなって来たようですが、
これなら北に帰ってもすぐに彼女が見つかりそうです。
Commented by ckonkn at 2014-04-14 23:19
noriさん こんばんは
何と今日の一首の趣の深いこと!!
「咲き誇ったボケの花が南風に散らされて、まるでベニがいつ旅立つのかと囁き合っているかのようだ」
ってことでしょうか。咲いた花もやがては散り、ベニも北の地に帰って行く、はかないですねぇ...
そちらにボケの花が満開になる頃にはベニも帰り付いているでしょう。
が、「葉が出過ぎると葉をむしって、花だけを楽しみます」とは頂けませんねぇ~。
まあ、自分の庭のボケだから大目に見るとして決して隣の家のボケには手を付けないでくださいね。
Commented by ckonkn at 2014-04-14 23:35
tanuki_oyajiさん こんばんは
この子は若♂と♀2羽、時には3羽と共に行動してたのですが、家族だったのか...
先々週の日曜日以降は見かけなくなったので一足先に旅立ったようです。
oyajiさんの説では「すぐに彼女が見つかりそう」ですか、赤ければ赤いほどモテる...
赤くなりたいですよ(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 菜の花が咲いて      ベニの春(7) >>