2014年 04月 04日

ヒヨの春

何時もは完全無視されるヒヨドリも桜に止まってくれれば別の鳥となります
d0125872_0241818.jpg

d0125872_0244237.jpg

d0125872_024589.jpg

d0125872_025147.jpg

d0125872_026892.jpg


by ckonkn | 2014-04-04 23:51 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2014-04-05 20:26 x
夢見人さん こんばんは
ほォー「ヒヨドリ」はそんなに、無視される小鳥ですか。(家での私か?)
私には「ヒヨドリ」も「桜」も「背景」も、とても素晴らしくホカホカと春の
暖かさを感じる瑰麗な絵と賞賛致します。特に1枚目は惚れ惚れとして
正しく、唸りを交えて「グゥー」と小指を、いやいや親指を立てています。
今日の午前中は酷い吹雪だった。春を速くよこせ!
Commented by ckonkn at 2014-04-05 22:44
noriさん こんばんは
実を咥えているか、椿や桜の蜜を吸っているのでなければ撮っては貰えない程の極々普通種、
日本近辺にしか生息してないので海外のカメラマンには必ず押さえたい鳥のようですよ。
「瑰麗」、noriさんともあろうお方が変換ミスを、今夜はこれをネタに甚振れるかな...
と思ったのですが変換候補には無し、さてはオチョクリの造語かなと「瑰」を漢字辞典引いたら
何と何と「すぐれて美しいさま。あまり例がないほどきれいなさま」とは...
年がら年中春霞に包まれたような脳の中が春雷の直撃を受け小さな晴れ間が一つ出来ました。
野原で鳥ばかり撮ってると退化する一方ですねぇ~(涙)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ヒヨの春(2)      キズタの実を啄ばむ >>