彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 01日

小枝止まり(3)

頬に赤味が、若♂でしょうか
d0125872_112098.jpg

d0125872_114854.jpg

d0125872_115924.jpg

d0125872_122844.jpg

d0125872_13886.jpg


by ckonkn | 2014-04-01 23:51 | 野鳥 | Comments(5)
Commented by tanuki_oyaji at 2014-04-02 20:16
彩の夢見人さん、by
あらほんと、ちょっぴり赤いですね。
それにしても絶品が続々と出てきますね。
今期は当たり年のようですが良い時期に行って良かったですね。
Commented by chitose.nori at 2014-04-02 21:10 x
夢見人さん こんばんは
本日の「ベニヒワ」さんは、日当たりの加減かどうか分かりませんが、
随分とベレー帽の紅色が鮮やかですねェー。
「頬に赤み」・・・なるほど、何となく赤いようですね。若いので恋の季節
なのかな? 「わーすれられないのォー・・・・恋の季節よォー」とかいう歌
が有ったよね。私の場合、帽子が脱げる、ハゲの季節かなァー・・・・
それと、「河川敷の廃人」とは最高ピッタリです。しかし、私は歌人なの
で、「土手下の下塵」と言って貰いたいなァー。冬に、こんなの作って
見ました。「氷柱(ツララ)折り ニヤリと笑い 間合い取る 
         二人はすでに ダルタニャンか」拙作でゴメン!(冷や汗)
Commented by chitose.nori at 2014-04-02 21:32 x
夢見人さん 一首出来た!
5枚目の縦物「ベニヒワ」を見ていて、即興で浮かんで来たよ。
土手下の下塵
「目が潤み 赤いベレーも 鮮やかに 春の訪れ 「ベニヒワ」の恋
頭に浮かんだだけなので、下らない作品ですが、如何でしょう。
夢見人さんに、捧げる歌ですが、良かったらどうぞ。
Commented by ckonkn at 2014-04-03 00:48
tanuki_oyajiさん こんばんは
どこかチョッとでも赤いと無理矢理こじつけたくなってしまいます。
胸の赤い子は♀か若の数より遥かに少ないですからねぇ~。
今季のように数が多かったのは一説には6年に一度とか
次回は東京オリンピックの年ですよ、それまでこの世に居れば良いのですが。
Commented by ckonkn at 2014-04-03 00:54
noriさん こんばんは
高い日射しに照らされると頭頂の赤も鮮やかになります。
♀は黒ずんだ赤なのでこうは赤く撮れません。
これはこれは大変失礼しました。痰か、いやいや短歌のほうでしたね。
「土手下の下塵」とは凄いですね、ホコリにまみれて懸命に歌を作る...
なかなか出来ることではありません。私は畑の土埃にまみれて鳥を撮ってますが。
最初の歌はお宅の夫婦喧嘩の模様ですかね、一瞬冷たい関係になっても
ニヤリと笑ってジャックダニエルのグラスをカチャ、いやいや微笑ましい(笑)。
二首目、「目が潤み」の意味が良く解かりません、まさか花粉症...
それとも今年もフラれるかも知れないと思うと自然と涙が、ってことですかね(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< モズの春      今日のヒレンジャク >>